1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

増えすぎたから…奈良県が天然記念物の鹿を殺処分へ

奈良県は、国の天然記念物に指定されている「奈良の鹿」の殺処分を決めました。今年度中に120頭を目処に捕獲し、殺処分するとのことです。

更新日: 2017年08月18日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 111430 view
お気に入り追加

■奈良県が天然記念物「奈良の鹿」を殺処分へ

【悲報】 奈良の天然記念物の鹿が殺処分されるそうです。 すでに1匹殺処分されたと聞きました。 農作物とか被害があるとのことだからだそうです。 #奈良の鹿 #殺処分 #だめ pic.twitter.com/tGZqupM4eV

奈良県は17日、国の天然記念物「奈良のシカ」1頭を奈良市東部の東里地区で初めて捕獲したと明らかにした

捕獲したのはオスの成獣で、17日朝、県の猟友会が罠にかかっているのを確認

■先月末より捕獲作戦が始まっていた

奈良県は特定の区域に限りシカを捕獲・殺処分することを決め、7月31日から罠を設置

捕獲したシカは解体し、研究機関で年齢や栄養状態など生態を調べる

■国の天然記念物に指定され、大切にされてきた奈良の鹿たち

奈良市一円に生息するシカは天然記念物「奈良のシカ」としてこれまで保護されてきました

奈良公園の鹿は、約1300年の昔からそれぞれの時代ごとに、大切に保護されてきた経緯があり、1957年には国の天然記念物「奈良のシカ」として指定されました

古来春日大社の神の使い「神鹿(しんろく)」として大切にされ、鹿を殺した人間が死刑になった時代もあった

■なぜ突然に捕獲・殺処分することになったのか?

市東部を中心に稲や野菜、タケノコなどの食害が相次ぎ、農家から対策を求める声が上がっていた

シカがこの地域の農業に与える被害額は年間約60億円に上る

奈良市一帯に住む野生の二ホンシカ」は国の天然記念物であるため、文化財保護法に則り、文化庁の許可が無ければ駆除出来ない

■そのほか、交通事故も深刻になっていた

奈良の鹿愛護会によれば、鹿の飛び出しなどが理由で年間約150件以上もの交通事故が起こっているそう

雌鹿が出産を控えた春と、雄鹿の発情期にあたる秋は、気が荒くなるためか、特に事故が多い

■増加し続ける、天然記念物

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします