1. まとめトップ

2017年おすすめの怖い本10選

ほんとに怖いおすすめの本だけをまとめてみました。実話体験談、怖い話、人間が怖い話、怪談、ホラー、オカルト、怪奇、幽霊、奇妙な話、不思議、不気味、ミステリー、狂気、事件・事故等、読み物としても面白い作品一覧。

更新日: 2017年12月08日

6 お気に入り 23590 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

出典amzn.asia

今回怖い話の本を制作するにあたり、話を募集したところ、数ある応募の中で一つ異様な内容の話が届いた。それは、人を殺したことがあるかもしれない、というものだった。

投稿者はハンドルネームやメールアドレスは記載せず、IPアドレスからの追跡を恐れてか、ネットカフェから書き込んできた。

その内容はあまりにリアルで残虐だった。

もしこの話が事実だとすれば、2001年の未解決事件に何か関係があるかもしれない。

※暴力的な描写がありますので、閲覧は注意して下さい※

_________________

出典amzn.asia

この夏、放送予定の最恐テレビ番組「怪談グランプリ」出演者たちが、テレビでは語れない秘蔵の怪談を本書で披露。

某タレントさんの事故死にまつわる不吉な前兆、
事故物件住みます芸人ならではの、とんでもエピソードなどなど

読まずにはいられない怪談を収録

_________________

出典amzn.asia

怪奇蒐集家・中山市朗が狩り集めた戦慄の建物怪談。人の気配がない角部屋から聞こえる妙に大きな生活音、引っ越し先で見つけた不気味なビデオテープ、誰もいない子ども部屋で突然鳴りだすおもちゃの音、夜の自転車置き場の地面に這うモノ……。「新耳袋」で話題騒然、今もさまざまな憶測を呼ぶ「山の牧場」の、今だから書ける、ここでしか読めない後日譚6話も収録。どの町にもある普通の建物が、異様なものを孕む空間かもしれない。文庫オリジナル。

_________________

出典amzn.asia

骨の髄から慄く、体験者のいる怪談! 総毛立つ恐怖実話集。
大人気、怪談実話シリーズ最終巻。最後にふさわしい忘れがたい後味!

黒木あるじの人気シリーズ最新作。いったん区切りをつけるという今作には、いっそうの恐怖と怨念が込められた! 肝試しにくる不埒な者が引っかかる見えない罠「囮墓」、何者かが玄関から入ろうとしている。講じた対策の衝撃の結末「侵入」、有名な都市伝説をめぐる奇妙な符丁「実話」など35話収録。区切りとは――『「怪の深淵」へさらに足を踏み入れるため。「怪の渦」のさらに奥底へ飛び込むために(あとがき)』――黒木怪談の進化のためにほかならない。

_________________

出典amzn.asia

虚実の境が見えなくなってしまった時、人にとってあらゆるものが、怪異となり得る危険を孕んでしまう――。現役拝み屋が体験した現世のこととも悪夢とも知れない恐るべき怪異。すべてのはじまりは20年以上前、ある日曜日の昼下がりに出会った一人の少女だった。その少女、14歳の桐島加奈江は果たして天使か怪物か、それとも……!? 訪れた災禍を前に恐れおののく一方で、必死に解決を図ろうとする拝み屋の衝撃実話怪談!

_________________

出典amzn.asia

ドッペルゲンガーに出会うと人は死んでしまうというのに、最近、僕のドッペルゲンガーが人気アイドルになったらしく、頻繁にメディアに顔を出すようになって困っている――表題作の『ドッペルゲンガーを殺せ』。星新一の「友情の杯」をオマージュした『夫婦の杯』(全国高校生創作コンテスト入選)。密室殺人の謎に二人の刑事が挑む『物音』など、過去に書き溜めた作品を自選し、加筆、改訂。
ミステリ、SF、ホラーなど、多様なジャンルのショートショート20編に、短編ミステリの「マジック・ビデオ」を加えた、計21編を収録。

_________________

出典amzn.asia

一瞬の158話! 頁をめくる度に新たな恐怖が……。
即死する実話怪談集!

瞬殺シリーズ最新作は過去最恐の162話を収録。数行から長くとも見開きに収まる実話怪談は、平山夢明をはじめ、我妻俊樹、伊計翼、宇津呂鹿太郎、小田イ輔、黒木あるじ、黒史郎、小原猛、神薫、つくね乱蔵、丸山政也という、気鋭の11名によるすべて書き下ろし! 息つく間もないほどの怒涛の恐怖にページを繰る手は止まらない!

_________________

出典amzn.asia

体験者の実在するガチで怖い怪談集!
「超」強力メンバー参戦、新生・夏の「超」怖い話!!

松村進吉、深澤夜、原田空。怪に導かれ縁を結んだ三人がついに集結。各々の魂をふるわす怪談を追い求め、体験者と向き合い、真摯に全てを記録した渾身の書き下ろしを持ち寄った。生者死者問わず、人の魂と人生に深く切り込んでこそ見える恐怖がズラリと並ぶ。将来を過去形で語る少女の秘密…「ゆいちゃんの夢」、鬱の女性の部屋に現れた謎の数字…「鬱を数える子供」、山奥に眠る工場に纏わる根深き怪…「廃工場・三部作」ほか、鮮やかな衝撃が脳をぶち抜き、恐怖が毒のごとく全身を駆け巡る珠玉の全31篇!

_________________

出典amzn.asia

恐怖の穴に頭から呑みこまれていく……誰も助けてくれない闇地獄。奈落の実話怪談! ガチ怖の鬼、直取材にこだわる久田樹生が血の滲む指で拾い集めた最新実話怪談集。マンションの集合ポストに入れられる謎の球体。入れられた家は…「けん玉の球」、父親と二人の息子、不思議なくらい顔が似ている一族には恐るべき因縁があった…「同じ」、隣家のベランダから聞こえるでんでん太鼓のような音。音は発砲スチロールの箱から聞こえるようなのだが…「トロ箱」ほか、ぞくりと寒気の走る恐怖実話28編を収録。生きるもひとり、死ぬもひとり。この恐怖は誰も代わってはくれない……。

_________________

出典amzn.asia

血の呪い、家の祟り。
切っても切れない凶縁怪談!

家族、血族、家に纏わる怖い話――。アパートの周りを夜な夜な歩き回る足音と獣の匂い、その正体は…「夫婦」、先祖伝来の土地を手放した一族に降りかかる凶事「土地縛り」、養豚を営む家に現れる女の怪、女は豚を操り…「養豚業の家」、毒母と朝の忌まわしき符合「三角コーン」、みどりという名の女に関わるとその家族は…「みどり」、毎月誰かが怪我をする一家、その戦慄の法則とは…「二十五」、或る大工の建てた二軒の家に纏わる怪「姉妹」ほか、禍の楔に繋がれてしまった家と家族の実話全30編を収録。

1