1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「内山理名」復活!NHK『マチ工場のオンナ』ほか主演作が続々

2000年代には主役を演じることも多かった「内山理名」。近年はゲスト出演や舞台などが中心で露出が減っていたため、様々な憶測も呼んでいた。しかし、ここにきて主演作が続々。映画『ゆらり』と『single mom 優しい家族。』は発表済み。NHK連ドラ初主演となる「マチ工場のオンナ」も決定した。

更新日: 2017年09月04日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 48812 view
お気に入り追加

◆かつては主役、準主役級が多かった内山理名

『生徒諸君!』(2007)

脚本:渡邉睦月
原作:庄司陽子
主演:内山理名

この時の生徒役が堀北真希だった

内山といえば高校生時代にスカウトされ、「フロム・エー」のCMで芸能界デビュー。

内山の所属事務所・スウィートパワーは、堀北真希や黒木メイサ、桐谷美玲ら人気女優を擁する中堅プロ。内山はいわばブレーク第1号タレント。

◆近年はゲスト出演や舞台が多く、様々な憶測も呼んでいた

朗読劇『LOVE LETTERS』(2013、パルコ劇場)

主演級を連発したのは過去の話で、近頃では単発や2時間ドラマ、また舞台への出演が多く、露出は控えめとなっている。

一時期は、あまりにも女優としての露出が減ってしまったため、ネット上では「干された?」「結婚して、引退?」などといったウワサが流れたこともある。

「堀北さんの引退で、事務所の経営もヤバイんじゃないかという話が出ましたが、その陰で奮起している人もいるんです。それが内山理名さんです」「もともと事務所の稼ぎ柱だった内山さんの“再生”に着手したようです」

◆そんな内山がNHK連ドラに初主演

女優の内山理名(35)が11月10日スタートのNHKドラマ「マチ工場のオンナ」(金曜・後10時、全7回)で同局ドラマに初主演することが18日、明らかになった。

内山演じる32歳の専業主婦・有元光が、父の残した町工場の社長になり、主婦目線の現実処理能力と決断力で奮闘していく姿を描くサバイバルヒューマンドラマ。

◆原作は実在の女性経営者の奮闘記

町工場を営む家の次女として生まれ、32歳の時に突然、主婦から先代の後を継ぐことになった女性経営者の奮闘記。

◆父親役に舘ひろしなど実力派キャストが集結

内山さんは、急死した父(舘ひろしさん)が残した町工場の2代目社長となる専業主婦を演じる。

他の共演に永井大、柳沢慎吾、村上淳、忍成修吾、苅谷俊介、市毛良枝、竹中直人ら。

◆気になるストーリーは?

専業主婦の有元光(内山さん)は、夫の大(永井大さん)と息子の3人暮らし。ある日、過労で倒れた父・泰造(舘さん)の様子を見に行くと、医師からがんで余命4日と告げられる。

幼くして亡くなった兄の代わりに光を社長にしようと育ててきた父に反発、専業主婦となった光だったが、町工場を守ろうとする父の思いを知り、社長を継ぐことを決意。

1 2 3





記憶の中で生きてゆける