1. まとめトップ
  2. 雑学

河童のモデル!?『獺(カワウソ)』は日本に馴染み深い生き物だった!

今話題の獺について調べてみました!

更新日: 2017年08月19日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 46744 view
お気に入り追加

▼38年ぶりの大発見になるか?

専門家は「島でカワウソが繁殖している可能性がある」との見方を示しました。

ツシマヤマネコなどの調査で、山林に設置した自動撮影装置が2月6日午前4時20分、カワウソの姿をとらえた。

野生のカワウソについて、2匹いる可能性があることがわかり、環境省は、生息の実態などについて、あらためて調査を行う方針。

カワウソ発見?というニュースに、驚きすぎて変な声出た。 どうか、どうか本当でありますように。 そして、彼らの生きる棲息環境が、早急に保護されますように…! 対馬すごいな、名産品の通販とかふるさと納税あるかな?

日本全国に生息していた二ホンカワウソも現在では絶滅したと言われている

ニホンカワウソは、1979年以降、日本では確認されていなく、環境省は2012年、レッドリストの中で「絶滅」に指定していた。

防水・防寒性が高く、日露戦争では軍服としても使われ、乱獲に拍車をかけた。そして高度経済成長期の開発がとどめをさしたという。

カワウソ発見!って騒いでるけど、そもそも毛皮ほしさに乱獲していたのを止められなかった方が反省すべきじゃ?

知ってますか?獺(カワウソ)って日本に馴染み深い生き物なんですよ!?

▼カワウソは何と狐やタヌキと同じ

日本ではタヌキやキツネのような実在する動物の一種でありながら、妖怪として人間をだます存在として親しまれてきた。

長崎・対馬で野生のカワウソが発見されたそうですが、ここで葛飾北斎が『北斎漫画』で描いたカワウソをご紹介。なお、同じページには人魚や河童が描かれています。カワウソも不思議な水の生き物扱いされているのでしょうか…。 pic.twitter.com/xCuUoW45RU

私的には、日本のカワウソといえば「オベベ沼の妖怪」である。 pic.twitter.com/S0sUrhFe5x

「カワウソ(川獺)」は、河童のモデルともいわれ、河童の一種として妖怪の仲間とされてい た。

河童について最も古い記述があるのは、室町時代中期の「下学集(かがくしゅう)」(1444年成立)という国語辞書で、「獺(かわうそ)老いて河童(かはらう)に成る」とあります。

▼日本のこんな言葉を知っていますか?

1 2





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。