1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

法整備が進む「仮想通貨」...利用者保護で更なる価値向上なるか?

仮想通貨「ビットコイン」の相場価格が順調に上昇しています。取引所マウントゴックスの破綻騒動など、少しうさん臭い感じもある仮想通貨ですが、交換業者の登録制度など国内での法整備も進んでおり、今後ますます注目されることが予想されます。

更新日: 2017年08月20日

tokiokakeruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 17975 view
お気に入り追加

★仮想通貨「ビットコイン(BTC)」が高騰中!

仮想通貨取引所「ビットバンク」によると、BTCの相場は15日午後に一時、初めて1BTC=50万円台を付けた。

2017年8月15日の相場価格

今年1月時点では、10万円前後で取引されていたので、8か月で約5倍に高騰した。

北朝鮮問題の緊迫を受けた投資家のリスク回避傾向がビットコインへの需要を高め、価格を押し上げている面がある。

ビットコインの急騰で、一部の投資家はインフレと世界情勢の混乱に対するヘッジ手段としてビットコインの方が金よりも優れていると考えるようになっているとの見方を、米モルガン・スタンレーが示した。

金よりも安全なのか?

★ビットコイン分裂騒動で一時市場が混乱したが...

ビットコインをめぐっては、利用増でシステムの処理能力が限界に近づいたことから、システム改善をめぐり開発者や事業者らが対立。8月初めに中国の一部事業者が新たな通貨「ビットコインキャッシュ(BCC)」を立ち上げ、混乱が懸念された。

国内取引所は一部でサービスを停止したが、BCC誕生後も大きな混乱はなかったため、順次取引を再開した。

分裂騒動を経て世界的に知名度が高まったことに加え、北朝鮮情勢の緊迫化で、地政学リスクに左右されにくい「無国籍通貨」であるBTCに資金が流れ込んだことも一因のようだ。

ビットフライヤーの加納裕三社長は7日、「ビットコインの分裂危機は過ぎ去った。顧客資産を脅かすものではないし、決済にも影響はない」と強調した。

ビットフライヤーは国内取引所大手

★国内でも利用できる場が広がっている

世界で流通するビットコインの集客効果などを見込み、日本でも利用できる店舗が次々と登場している。

丸井グループは8月7日、ビットコイン決済サービスを、東京・新宿の店舗「新宿マルイ アネックス」に導入した。ビットコイン保有者や利用可能店舗も拡大しているなどの世の中の動向を踏まえ、「顧客の利便性を向上を実現する」ために導入したという。

利用者は専用アプリを入れたスマートフォンを店側のタブレット端末にかざし決済。1回に決済できるのは10万円相当まで。

新宿バルト9で映画を見た帰りに、bitFlyerの広告を発見!ビットコイン使ってみたいけど、価値が高いから使うのがもったいない! pic.twitter.com/MFD1DDM57v

チケットキャンプを運営するフンザ(ミクシィ傘下)は8月17日、チケット業界で初めてビットコイン決済を導入すると発表した。PC/スマートフォンのWebブラウザから利用できる。

「チケットキャンプ」は、コンサートや演劇、スポーツなどの公演チケットをユーザー同士で取引するサービス。

今回「Coincheck payment」を導入することにより、全世界のビットコインウォレットに対応した、チケット業界初の「ビットコイン決済」を提供する。

ビックカメラは対応店舗を順次増やし、現在は直営38店舗で利用可能だ。ピーチ・アビエーションは年内に航空券を買えるようにする。

「ビットコインでの決済はクレジットカードに比べて手数料が安いので、店舗側にはメリットが大きい。海外で普及していることもあり、外国人観光客が増える東京五輪に向けてより身近な存在になっていくのでは?」

★国内では、利用者保護のための法整備が強化されている

ビットコインといえば、’14年に取引所のひとつだった「マウントゴックス」が経営破綻し、顧客投資家の資産など約500億円相当のビットコインが消失した事件が記憶に新しい。

なんか怪しい感じ。本当に大丈夫?というのが仮想通貨に対するイメージだったが...

4月に施行された改正資金決済法では、仮想通貨の交換業者は国に登録することが義務づけられた。金融庁は登録申請に合わせ、交換業者が対象の要件を満たしているかを審査する。

法改正で仮想通貨の販売・交換には国の登録が必要となった。仮想通貨の利用者は急増しており、金融庁は不利益が生じないよう態勢の整備を進める。

具体的には、まず利用者保護の措置をとっているかを点検。仮想通貨には価格変動に伴う損失のリスクがあるといったことを、利用者にきちんと説明できているかなどを確認する。

1 2





tokiokakeruさん

時事問題、芸能・エンタメ、スポーツなど興味があることを、まとめています。少しでも参考にしていただければ幸いです。