1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

いとうまい子さんのインスタグラムに

この写真が千賀健永ではないかとファンが発見

コメント欄が荒れています

ファンは賛否両論

いとうまいこさんのインスタのコメ欄荒れすぎじゃない? 千賀くんに迷惑って言ってる人多いけど、逆にあのおたくたちの暴言の方が千賀くんに迷惑だと思う( ੭⌯᷄ω⌯᷅ )しかも暴言吐いてるの千賀担以外だし。

いとうまい子さんと写ってる千賀くん、とりあえずめちゃくちゃかっこいいんだけど(^ω^) 加工?とか一切なしであのかっこよさなの!?笑 スタイルが良い、肌もすべすべ、髪もサラサラ、二の腕の筋肉最高、ネックレスの揺れ具合、顔は鼻と口だけでもう20000点です!

いとうまい子、千ちゃんの写真SNSにあげすぎやろwww あげていいかもどうせ聞いてないやろうし、いや聞いたとしたら載せてないし

千賀くんとまい子さん可愛い 今も変わらず仲良くしてくれてありがとうございますまい子さん まい子さーん!戻ってきてー! 千賀くんのお写真!!ありがたや ってこんな感情しかわいてこないんだけど私がおかしいの?世間怖い←

厳しく写真を管理するジャニーズ事務所

ドラマの制作発表などでも会見の記事をネットに掲載するときにはジャニーズのタレントはカットされている。個人のブログでも違反があると、ファンが削除依頼メールを出して注意することがあるようだ。ジャニーズ事務所自身も無断で画像を使用している法人、個人のサイトやSNSを探し、削除依頼をする専門の会社を子会社としてもっているほどだ。

このようにネットにタレントの画像削除を要請する根拠は肖像権のひとつである「パブリシティ権」である。

厳しい肖像権管理の背景にあるジャニー喜多川氏の経験

米国在住時に喜多川氏は、公演で日本からきた芸能人の通訳などの仕事をしていたという。当時の日本人のギャラは少なく、彼らの取り分を増やすため、芸能人の写真を撮ってもらって会場で売ったそうだ。写真は飛ぶように売れ、その売り上げは「あなたたちの肖像権で買った、売り上げたお金だ」といって彼らに渡していた。受け取るのを遠慮しても無理やり持ち帰らせたそうであるから、おそらくはこの体験が肖像の経済的価値を重視する事務所の姿勢につながっているのであろう。

手越はfacebook上で写真がupされていました

1