1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

"野球は2アウトから"…当てはまりすぎる高校野球が面白い

明豊対神村学園は両校とも2アウトから劇的なドラマを起こし、大阪桐蔭は9回2アウトランナーなしから仙台育英にサヨナラ負け…。野球は2アウトからと言いますが、今大会ほどぴったりな言葉はないかもしれません。

更新日: 2017年08月20日

17 お気に入り 34953 view
お気に入り追加

・大阪桐蔭、史上初2度目の春夏連覇の夢、消える

史上初となる2回目の春夏連覇が期待された大阪桐蔭(大阪)が、仙台育英(宮城)にサヨナラ負けを喫した。

勝った仙台育英は?

・「野球は2アウトから」まさにこの言葉を体現した試合だった

ところが一塁手の中川(2年)がベースを踏んでおらず、すぐに踏み直したが「セーフ」の判定で満塁となった。

完封勝利が満塁のピンチに一転し、つづく8番馬目(まのめ)の打球は快音を残して左中間に落ち、サヨナラの走者が生還した。

・素晴らしい試合、仙台育英おめでとう!

甲子園。正直あまり観てないのだが、偶然観た大阪桐蔭と仙台育英の試合が凄まじかった。負けた桐蔭の皆さんも間違いなく胸を張れる試合だった。そして一塁線審の方は、とてつもなく凄い仕事をした。「審判は石」と言うが、この審判のジャッジには、惜しみ無い称賛を送るべきと思う。

この瞬間僕は自転車かっ飛ばしてて見れなかった。 野球は2アウトから、それを地で行った展開ですわ。本当に何が起こるかわからないね。

大阪桐蔭-仙台育英。 素晴らしい試合でした。 これだから、高校野球止められません。 大阪桐蔭の選手のコメント『2アウトランナー無しになっても勝ったとは思いませんでした。でも、こういう結果になったのは、どこか隙があったんだと思います。』 言い訳全く無し。涙止まりません。

・前日明豊も3点をリードしながら2アウトを追いつかれた

明豊は5対2と3点をリードして9回の守りを迎えましたが、2アウトから

・延長に入り今度は明豊が2アウトからサヨナラ勝ち

1アウトでも取られれば終わりの場面から明豊の攻撃がつながる。

相手投手の暴投で1点を返してなおも二、三塁。管大和が同点の2点適時打を放って追いついた。

さらに内野安打とフォアボールで再び満塁とし、最後は押し出しのフォアボールでサヨナラ勝ちしました。

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew