1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ソフトクリームの食べ方も…『長渕剛』が見せた意外な一面とは?

8月16日にニューアルバムをリリースした長渕剛が「MUSIC FAIR」でソフトクリームの食べ方を披露。長渕剛とソフトクリームって意外な感じがします

更新日: 2017年08月20日

6 お気に入り 17908 view
お気に入り追加

・8月16日にニューアルバムをリリースした長渕剛

スケール感あふれる表題曲をはじめ、先行配信シングルとして発表された四つ打ちのダンスチューン「Loser」、シリアスな語り口で歌われるバラード「Can you hear me?」など、長渕のさまざまな魅力がたっぷりと込められた作品

「5年何カ月ぶりっていうとみんな驚くのかもしれないけれど、僕の中でそういう発想はない。1年間にアルバム出して、シングル何枚切ってっていうのは、レコード会社との契約の話なだけであって。それがルーティーンワークになると嫌なんだよね。」

「アルバムを発表する根源的な理由は、俺がしゃべりたい、俺が今絶対に歌いたい、今叫びたい、お前に聴いてほしい!ってこと。そういう時にしか作品を発表しないということに決めたんだ。それが今回はたまたま5年数カ月ぶりだったというわけだね」

・メッセージ性の強い表題の曲「BLACK TRAIN』が話題に

その内容は拝金主義に捕われて経済的利潤のみを追い求め、肝心の助けを求める国民のことは無視する政治家たちを批判してきた長渕のスタンスをさらに際立たせるものとなっている。

「カネにまみれたゾンビ」「歴史に群がる裏切り」...この歌詞が、森友学園や加計学園問題をモチーフにしていて、「愛国」の名のもとに歴史を歪めてきた安倍首相とその周辺の連中の利権私物化を批判しているのは明らか

「「Black Train」の歌詞には得体の知れない自分と得体の知れない時代、その2つの関わりが描かれている。音楽の世界では自由になれるんだから、自分の額縁を最初から小さな枠にはめるのはすごく嫌。」

「僕にはいかにとんでもないこと、ぶっ飛んだことをやれるかっていう発想しかない。「アイツすげえな」「バカじゃね?」「ヤベエな」っていうふうにいろんな評価を受けるけど、常に感性を研ぎすませて「とんでもないことやろうぜ」という姿勢を音楽の中に忍び込ませて、額縁のない世界にどう自分を映し込んでいくか、いつも考えて生きるべきだ。」

・そんな長渕剛が「ソフトクリームの食べ方」を伝授

歌手の長渕剛(60)が、7年ぶりに出演した19日放送のフジテレビ系「MUSIC FAIR」(土曜・後6時)で、“長渕流ソフトクリームの美味しい食べ方”を披露

長渕は「我慢をすると、1個のソフトクリームがものすごく美味しいわけ『ペロ。うわー。これなんだ』って」と持論を展開。

「全国各地でいいところを探してるんですけど、最近また1個見つけました。近所ですけど、生クリームでできてるんですよ」とトークは止まらず。

・Twitterではこの意外な一面が話題に

あーーー JEEPに乗ってソフトクリーム買いに行く長渕剛♡ ニヤニヤとまらん。

ミュージックフェア、長渕剛さんのリアタイで観た。ソフトクリーム食べたいな~!

MUSIC FAIR良かったなぁ…あっという間だった。 個人的にTVであんま歌わないプロポーズ歌ってくれたのが凄い嬉しかった(*´∀`*) やっぱりカッコイイよなぁツヨシは… あと相変わらずソフトクリーム好きだなw #長渕剛 #MUSICFAIR

・長女・長渕文音も来年公開の映画主演が決まった

20歳でデビューしたが、その後、表舞台から消えた。一念発起して米国に留学。

帰国後、放送中のTBS系ドラマ「SAKURA」で活動を再開した。

映画「ばぁちゃんロード」(18年公開)で、女優の草笛光子(83)とダブル主演を務める

「草笛さんがおばあちゃん役と聞いた時は、うれしくて、私たちにしかできない作品が必ずできる、と確信しています。精いっぱい、夏海という役を愛し、感じ、演じさせていただきたいと思います」と気合十分。

・8月22日は武道館公演も控えている

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew