1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

相次いで覚せい剤使用で逮捕…教師の不祥事に色々な声が出ている

竹原市の県立高校の45歳の教諭が覚醒剤を使用したとして逮捕されました。また、東京・新宿区の路上で、覚醒剤を所持していたとして、埼玉県所沢市の公立中学校の教師が警視庁に逮捕された。

更新日: 2017年08月20日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 18875 view
お気に入り追加

○県立高校の45歳の教諭が覚醒剤を使用

竹原市の県立高校の45歳の教諭が覚醒剤を使用したとして逮捕されました。

広島県警は19日、覚せい剤取締法違反の疑いで、広島県立竹原高校の教諭を逮捕した。

逮捕されたのは竹原市の県立竹原高校の教諭で福山市南本庄の飯田一明容疑者(45)です。

○尿検査で覚醒剤の陽性反応

逮捕容疑は8月中旬から18日までの間、大阪府内や広島県内などで覚醒剤を使った疑い。

前夜8時頃、福山市内でさまよっていたところを不審に思った人が交番へ連れて行き、尿検査で覚醒剤の陽性反応が出た。

警察の調べによりますと飯田教諭は今月中旬から18日までの間に覚醒剤を使用したとして覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。

○「大阪に滞在した後、広島に戻ってきた」と供述

福山東署によると、福山市吉津町の交番に18日夜、付近の住民が「酒に酔った人がいる」と足元がふらついた状態の飯田容疑者を連れてきた。

注射器や覚醒剤が入っていたとみられる袋を持っており、同署に任意同行し、尿検査で陽性反応が出たため逮捕した。

飯田教諭は覚醒剤を使用した期間について「大阪に滞在した後、広島に戻ってきた」と供述していて、警察は覚醒剤を入手した経路などを詳しく調べることにしています。

○埼玉県所沢市の中学校教師が警視庁に逮捕

東京・新宿区の路上で、覚醒剤を所持していたとして、埼玉県所沢市の公立中学校の教師が警視庁に逮捕された。

警視庁新宿署が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、埼玉県所沢市立中学教諭、池上公一容疑者(27)を現行犯逮捕していたことが分かった。

付近をパトロールしていた警察官が、挙動不審な池上容疑者に職務質問したところ、リュックサックから覚せい剤が見つかったという。

○国語の教師として主に2年生に教えていたという

池上容疑者は「使うつもりで持っていた」と容疑を認めていて、警視庁は、覚せい剤の入手経路などを調べている。

池上容疑者は4月から所沢市内の中学校に正式採用され、国語の教師として主に2年生に教えていた。

同校では「生徒に不安がないよう、対応を検討したい」とするが、教師の教育が先決か。

○このニュースはネットでも話題になっています

山口中学校教諭が覚せい剤。この間、暴言問題(冤罪)があったのも山口の小学校の方だね

広島の高校教師が覚せい剤で捕まったやつ。 一瞬知ってる先生かと思ったけど、写真見たら多分違う…と思う(^^; ちょっと自信はない(^^;

教師も覚せい剤を手に入る世界になったし、ストレスまみれの仕事になったのか…

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。