1. まとめトップ

松本人志も苦言…上原多香子の不倫騒動がテレビで扱われない理由とは

夫でET-KINGのTENNさんの自殺に絡み、不倫交際があったと報じられた元SPEEDの上原多香子さん。世間では大きな注目を集めていますが、なぜかテレビのワイドショーなどは軒並みスルー。なぜ騒動はテレビで扱われないのか?松本人志さんも苦言を呈した、上原さんの騒動とテレビの関係をまとめました。

更新日: 2017年08月20日

0 お気に入り 128727 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・夫でET-KINGのTENNさんの自殺に絡み、不倫交際があったと報じられた元SPEEDの上原多香子さん

2017年8月10日発売の「女性セブン」に、夫でET-KINGのTENNさん(享年35)が14年に自殺した一因として、俳優の阿部力(35)との不倫交際があったと報じられた元SPEEDの上原多香子(34)

上原は、かつて阿部とダブル不倫の関係にあったことが報じられた。同誌では、2014年に命を絶った上原の夫・TENNさんの実弟が、TENNさんの遺書と、上原が不倫相手である阿部とかわした恋愛感情満載のLINEやりとり等を公表

TENNさんは2014年9月25日に自ら命を絶っており、上原と阿部が急接近したのは、同年7~9月の舞台『夕‐ゆう‐』での共演がきっかけだったとされる。TENNさんが自殺したのは、最終日である9月4日公演から、わずか21日後だった

・世間では大きな注目を集めている騒動

妻の不倫によってTENNさんが自殺に追い込まれた可能性も否めないだけに、世間では大きな波紋を呼んでいる

不倫騒動で当面の芸能活動休業を発表した上原多だが、2014年の夫・TENNさんの自死との因果関係も取りざたされており、巷では「史上最悪の不倫騒動」と表現されるほど

TENNさんのスマホには、LINE上での上原と阿部の赤裸々なやりとりやキス写真も残っており、ネット上では上原に対する物騒な発言も飛び交っている

僕他人のプライベートをどうこうするのに抵抗があってこれまであまり不倫ネタに関してはあまり呟かなかったけど、上原多香子の不倫は想像以上にひどすぎるな。小学生の時SPEEDの中では一番彼女が好きだったけど、一気に幻滅したわ・・・。

・が、なぜかテレビのワイドショーなどは軒並みスルーで報じられていない

8月10日発売の「女性セブン」(小学館)の報道が発端のこの騒動だが、テレビのワイドショーは概ねスルー

芸能人や政治家問わず、これだけたくさんの有名人の不倫がワイドショーでも取り上げられているにもかかわらず、上原の記事は全国ネットの番組ではほとんど取りあげられていない

SPEEDと言えば、先に今井絵理子と橋本健市議のダブル不倫が話題になったばかり。だが、上原の方はなぜか新聞やワイドショーでも取り上げる回数が極端に少ない

上原多香子の元旦那の遺書問題はビックリするくらいTVで報道されませんね。

・「ワイドナショー」では松本人志さんが騒動が番組でカットされたことに苦言を呈する

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、8月20日に放送されたフジテレビ系『ワイドナショー』上原の不倫疑惑に関する発言がカットされたことについて同局と番組側に抗議した

この日の放送では、松本が15日にツイッターで「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」とツイートした真意について、前週の同番組で上原のニュースを取り上げたにも関わらず放送されなかったことに対するものだと明かされた

先週、同番組ではお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)と上原の不倫疑惑について取り上げたが、上原の部分はカットされたという。松本が不服を唱えたのは、このことについてだった

松本は、局側と相談した上で、「そんなに当たり障りのない」内容の発言をした。しかし、その数秒の内容についても、放送ギリギリ前に「カットしていいですか」と言われた。松本は「いやいやいやいや、何で何で」と受け止めたという

「僕はやっぱりこの番組はそうじゃないようにいきたいし、この番組のファンの人って、そういうことから逃げない『ワイドナショー』やと思ってほしいし、してきたと思うんですよ」と持論を展開。「そこは貫かないと絶対損だし、この番組にとっても良くないし、フジテレビにとっても良くないと思う」とフジテレビの姿勢に強く反論した

ワイドナショー。松っちゃんカッコよかったな。このまま上原多香子問題をスルーし続けるのであれば、ワイドナショーどころかテレビ自体を見るのやめてたかも。スカッとした。 #ワイドナショー #松本人志

・なぜ上原さんの騒動はテレビで扱われないのか?

▼騒動の内容の重さ

ここ1年付近で数多くの不倫騒動があったが、内容の重さという点で全く種類の異なるものとなっており、テレビ番組でも扱いづらいのかほぼスルーの状況が続いている

1 2 3