1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

FF15の移植や新作タイトルも続々…今『PCゲーム市場』が熱い

FF15がPCに移植されることが決定しました。最近のPCゲームは魅力的なタイトルが増えている気がします。

更新日: 2017年08月22日

15 お気に入り 33471 view
お気に入り追加

・ファイナルファンタジー15のPC移植が決定した

PC版は4K(最大8K)解像度をサポートし、HDR10にも対応。超高精細な映像を表現する“究極の『FFXV』”になるという。

ゲームシステム的には、主人公の主観視点でバトルを楽しむ新機能「ファーストパーソンモード」を実装。

各キャラクターのエピソードやマルチプレイが楽しめるDLCや無料アップデートも収録される。

・この移植にTwitterでは?

ことりえからのノーティスです!!WindowsでSteam勢のみなさん!!!!FF15がパソコンで遊べるようになります!!(カンカンカンカンカン)

FF15のWindows版発表かー。2018年初頭にSteamなどで販売、か。 FF15やりたかったからこれを機にやりたいな。 なんか一人称視点が追加されるそうだけど、景色綺麗なようだし、楽しみー。

FF15のWin版の何が面白いってSteamとOriginで発売するってことだよな

・今PCゲーム市場が加熱しているという

SuperDataが公開した市場調査レポートによれば、2016年におけるPCゲーム市場は358億ドル規模であり、プラットフォーム別にみると2番目に巨大な市場であることが判明

さらに、ゲームタイトルと実店舗のコラボレーション、LANパーティーといったオフラインイベントも盛んで、ゲームを楽しもうとするカルチャーはますます多様化していると言える

PCゲームをするなら?

「Steam」と呼ばれるPCゲーム専門のゲーム販売プラットフォームを利用する方法が一番メジャーだといえます。

7月1日から7日までの1週間では,なんと215本もの新作がリリースされたという。

・そんな「Steam」でリリースされるタイトルも年々増え続けている

38% of all Steam games were released in 2016 pic.twitter.com/JiX2pt6JhB

全体のゲームのうち面積の多い青の部分が2016年、オレンジが2015年。過去2年間の新作タイトルが全体の6割を超える。

Valveのデジタル配信システム「Steam」の運営が欧米で始まったのが2003年,早いもので,すでに14年が経過したことになる。

Steamで昨年(2016年)リリースされたゲームタイトル数が4207本に達した

この本数は,これまでSteamで販売されてきた作品の約40%に達するという,とんでもない数であり,14年間の蓄積の4割を,わずか1年で挙げた

多くの人が感じているだろうインディーブームの加熱具合とSteamの市場としての急成長を示す、おおよその実勢は示している

・日本で人気のゲームの同時接続プレイヤー数は50万人を超える

We just broke 500k! Thank you all so very much for your continuing support! <3 pic.twitter.com/FXnsy6twGX

Counter-Strikeという長年遊ばれているゲームに肉薄している。

BlueholeがSteam早期アクセス中の人気バトルロワイアルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』。

PLAYERUNKNOWN自身のツイートによると、本作の同時接続者数が8月4日に初めて50万人を超えた。

早期アクセスのゲームがここまで高い人気を獲得するのは前代未聞であり、社会現象といっても過言ではない

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew