1. まとめトップ
  2. レシピ

「芋茎(ズイキ)」のレシピ♡田舎の夏の味

芋茎(ズイキ)とは里芋類の葉柄で、食用とされます。日本で古くから食べられている夏の食材です。干したものは「芋がら」と呼ばれます。

更新日: 2017年08月30日

inusyamoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 3026 view
お気に入り追加

食用になる芋の茎 芋茎(ずいき)

芋茎(ずいき)は、サトイモやハスイモなどの葉柄。食用にされる。
主にヤツガシラなどの赤い茎である赤ずいき、ヤツガシラなどを軟白栽培した白ずいき(白ダツ)、ハスイモの茎である青ずいきの3種類に分けられる。

流通量は赤ずいきの比率が最も多く、単に「ずいき」と呼んだ場合、赤ずいきを指す。

皮をむいてゆでてから調理するが、あくが強いのでしばらく水にさらすとよい。煮物、和(あ)え物、酢の物などにする。

日本大百科全書(ニッポニカ)

芋茎(ずいき)の皮は上からの方が剥きやすいんだって╰(*´︶`*)╯ ザッと100本(笑) pic.twitter.com/n7LWPBq64h

今年は育ちがあんまよくないみたい。毎年祭りで販売している芋茎。近頃、芋茎を作るのが手間なのか市場にあんまりないみたい。なので、結構譲ってほしいと問い合わせがあるんやわぁと母談。 pic.twitter.com/UZnAUxUuOy

去年の秋に、母親が収穫、乾燥して作った、芋茎(イモガラ)も煮ました!大根、さつま揚げと。って、芋茎(イモガラ)を知っている人はいるのかなあ? ここ数年、異常気象で芋茎の収穫が少なから、大切に食べてます。 pic.twitter.com/omU4TpaAv2

▼芋茎(ズイキ)のレシピ▼

・しゃっきり美味しい、紅ずいきの甘酢漬け

・♪紅ずいきの酢の物♪

★紅ずいき1/2株
★酢(灰汁抜き用)大さじ1
酢大さじ3
砂糖大さじ3
塩小さじ1/3
醤油小さじ1
ごま油・または オリーブ油小さじ1
切りゴマ・または レモンなどの柑橘類適宜
こぶ茶少々

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1110004654

・昔ながらのズイキの煮物

・ピリ辛しゃきっの新食感!ずいきの中華煮

干しずいき(芋がら)25グラム(乾燥状態で)
干し椎茸4~5枚(乾燥状態で15グラム)
干し椎茸の戻し汁+水合わせて200cc(1カップ)
ベーコン35グラム(2枚)
ごま油大さじ1
中華味(鶏がらスープの素)小さじ2
しょうゆ小さじ1
豆板醤小さじ1~2(お好みで)

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1200000564

田舎料理の食材ですが、中華風に煮ると、ご飯にも酒にもぴったりのはまる味に!

・芋茎のきんぴら

湯がいて絞った芋茎1カップ
醤油大さじ1
みりん大さじ1
砂糖小さじ1
ごま油小さじ1
唐辛子1つまみ

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1430005914

・ずいきのジャム

・芋がら(芋茎)の作り方

普通の里芋の茎ではおいしくありません
八つ頭の茎が手に入ったらお試しを

1 2





inusyamoさん

食べ物のことを中心に、雑学的なまとめを作っています。飲むこと、食べること、大好き!お酒はワインと日本酒と芋焼酎が好きです♡