1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついに日比谷公園が…テレ東「池の水ぜんぶ抜く」が楽しみ

過去三回放送され大反響となったテレ東の「池の水ぜんぶ抜く」。9月に4回目の放送が決まり、早くも話題を集めています。

更新日: 2017年08月23日

59 お気に入り 148903 view
お気に入り追加

・2017年1月に放送され反響を呼んだ「池の水ぜんぶ抜く」

今年1月15日、4月23日にテレビ東京の日曜ビッグバラエティ枠として放送され、大反響を呼んだ企画「池の水ぜんぶ抜く」

芸能人が専門家や達人の協力を得ながら問題を解決する内容が反響を呼んだ。

6月25日に放送された「池の水ぜんぶ抜く&駆除の達人 緊急SOS! ヤバイ現場に行ってみた!」が話題に

大河ドラマ「おんな城主 直虎」、日本テレビの大人気バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」といった手強い裏番組を向こうに回して、9.7%という高い視聴率を記録

・『池の水を抜く』とはどういう意味か

池の水をすべて抜き、外来生物を駆除する“テレビ東京らしさ全開”の異色企画。

そして、調査を終えてから、2週間放置した後に新しく水を加えると、池は見違えるほどきれいに

伊藤プロデューサーは?

「普通はコーナーで考えるじゃないですか。一緒に仕事をしている制作会社や放送作家の人に『池の水を抜くだけで2時間やったら面白いんじゃないですかね』と言ったら『マジで言ってるんですか?』と驚かれました」

・そして9月に第4弾が放送されることになった

池の水ぜんぶ抜いたら出てきちゃったんです。日比谷公園から歴史的大発見。放送は9月3日です。詳細は追い追い溢れ出てきます。田中さんの現場には警察が出動しました。 pic.twitter.com/22BwnE4lGP

テレビ東京の人気企画「池の水ぜんぶ抜く」の第4弾が放送される

第4弾は何と東京のど真ん中、日比谷公園の雲形池の水を抜くことに。

1903年6月に開園した日本初の洋風近代式公園。日比谷公会堂や日比谷野外音楽堂があり、都民の憩いの場になっている。その南西寄りにあるのが雲形池。

公園管理者から生態系を調査したいと依頼があり、今回、初めて池の水をすべて抜くことになった。

・田村淳と小島瑠璃子が「池の水をぜんぶ抜く」ことに

午前中から池の水を抜き始め、調査が行われたのは14時すぎに。ボランティアの子供達や大学生も集まり、作業は約4時間に渡った。

現場では淳がリーダーシップをとり、生物をどんどん捕獲していく。淳は小学生にも満遍なく声をかけ、子供達も積極的に自身の発見を報告していた。

また小島も真剣そのもので「普段泥がついたら気になるのに、それどころじゃなかった」と振り返った。

水を抜くと、家紋が描かれた瓦が発見された。調査の結果、江戸時代にこの付近に屋敷を構えていた佐賀藩鍋島家の家紋と判明。鍋島家の屋敷に使用されていた軒丸瓦であることが明らかに

水を抜くとお宝が眠っている、そのワクワク感がたまらない。

・オンエアはまだ先だがTwitterでは早くも反響が…!

池の水ぜんぶ抜く、すげえ面白そうだ、録画必須だな。

テレビ東京の「池の水ぜんぶ抜く」という番組、県内でもやってくれんかな〜〜。すんごい観たい。

(うちだけ?)テレビ東京が入らないので「池の水ぜんぶ抜く」って番組を知らなかったけど、めっちゃ面白そう!! Youtubeで検索したらアップされてたので帰ったら絶対見る!!!

テレ東の『池の水をぜんぶ抜く』って番組は観たいなぁ。静岡のテレビ局で買ってくれないかなぁ。

・「企画力」で勝負するテレ東に期待

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew