1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

最多の署名を国連へ…『日本の高校生』が頑張っている活動とは?

未来のために働く日本の高校生。できれば大人たちは足を引っ張るのではなく支援したいものです。

更新日: 2017年08月23日

12 お気に入り 23758 view
お気に入り追加

・全国から選ばれた高校生22人が国連ヨーロッパ本部を訪れた

広島と長崎をはじめ、全国から選ばれた高校生22人は22日、スイス・ジュネーブにある国連ヨーロッパ本部を訪れ

今年は核兵器禁止条約の成立など「核兵器なき世界」を求める声の高まりを受け、署名の数は過去最多となった。

・日本でもこのニュースが話題に

高校生が核兵器廃絶を願う事がそんなに都合悪いのか。 国連の核兵器禁止条約の採択を勝手にボイコットした政府こそ恥じるべきだ。

どうした河野太郎外相。らしくないじゃないか。せっかくの訪米なのにトランプの過激な発言に触れず、谷査恵子氏のイタリア行きにも言及せず、高校生平和大使の国連での演説をやめさせるなんて、これ、早くも取り込まれたということ? 筋を通す人と評価していたが、こうも豹変するとは思わなかったよ。

はい、嫌な世の中が近づいている感じがします。軍縮会議の場で「Let me speak!」と叫んで、演説を始めて欲しかったですが、高校生にそこまで求めるの無理でしょうか。せめて「発言させないならボイコットする」と抵抗して欲しかったです twitter.com/kalavinka3/sta…

純粋に活動している高校生もいる。(左側の大人にそそのかされている高校生もいるかも)多くの署名が届く国連は,その後どう扱っているのか知りたい。常任理事国が核保有国なので,成果は上がらない可能性が高そう。核兵器はないに越したことはない… twitter.com/i/web/status/8…

・そんな「高校生平和大使」は20年目を迎えた

日本の若者が海外に核兵器の廃絶を訴える「高校生平和大使」が今年、発足から20年目を迎えた。

長年の活動は海外でも広く知られるようになり、被爆者の思いを受け継いで世界に発信する役目を担い始めている。

被爆3世で広島大学附属高校2年の小林美晴さんは「各国の外交官との意見交換の場などを通じて自分の気持ちは十分に伝えられたのではないかと思う」と話していました。

高校生平和大使が国連で平和メッセージを読むことを今年日本政府が許さなかった問題に怒りが収まらぬ。高校生達は自らの意思で核廃絶の書名を1年かけて集め、それを平和大使に選ばれた高校生が国連に持っていってスピーチをする。高校生の自発的運動だ。長崎から始まった。私はよく知っている。

・防災などについて真剣に話し合う高校生もいる

世界各国の高校生が、津波から身を守るための対策などを話し合う「高校生島サミット」

ことし11月の「世界津波の日」に合わせて、沖縄県宜野湾市で開かれる

東日本大震災の被災地など国内からも、およそ100人の高校生が参加し、各国が抱える防災の課題や、津波から身を守る対策などが話し合われます。

・地域支援に積極的な高校生もいる

しなの鉄道などは、「地域公共交通とわがまちの未来」をテーマに、将来の鉄道のあり方などを高校生に検討、提案してもらう大会を開く。

しなの鉄道線(しなのてつどうせん)は、長野県北佐久郡軽井沢町の軽井沢駅から長野県長野市の篠ノ井駅までを結ぶしなの鉄道の鉄道路線

大会では、人口減少が進む中、輸送人員をどう確保するかなど、鉄道の将来像について、高校1、2年生でつくる5人以内のチームが検討する。

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew