1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ポテサラで新たな感染者も‥埼玉のO157発生で徐々にわかってきたこと

埼玉県熊谷市のスーパーに入る総菜店でポテトサラダを食べた数人が腸管出血性大腸菌O157に感染した問題で、県が新たに4人の感染が判明したと発表しました。こういったO-157の食中毒は、どのように予防すればいいのでしょうか?

更新日: 2017年08月23日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 104033 view
お気に入り追加

●埼玉・熊谷のスーパー総菜店で起きたO157による食中毒

埼玉県熊谷市のスーパーに入る総菜店「でりしゃす籠原店」で買ったポテトサラダを食べた6人が、腸管出血性大腸菌O157に感染した問題

●O157発生の経緯

・ポテトサラダを食べた16人のうち、6人の便からO157が検出

埼玉県によると、今月7日に販売された「ハムいっぱいポテトサラダ」と今月8日に販売された「リンゴいっぱいポテトサラダ」を食べた

14人のうち8人が体調を崩し、そのうち6人の便からO-157が検出されたという。

・現在、3人が入院しているという

5歳の女の子が、一時、意識不明の重体となりましたが、現在は快方に向かっているという

入院中の3人は快方に向かっているが、退院のめどは立っていない。

●そんな中、県が新たに4人の感染が判明したと発表

県は22日、新たに4人の感染が判明したと発表した。入院はしていない。感染者は計10人になった。

同店のほか、市内の別の店舗でもO157による食中毒が確認された。

・今回発覚したポテトサラダの主な購入経路

埼玉県によると、4人のうち3人は県内居住で、2人が「でりしゃす」の籠原店、1人が熊谷店(熊谷市)でポテトサラダを購入。

・ポテトサラダの食材は、高崎市内の業者から納入していたという

埼玉県食品安全課や同店を経営する「フレッシュコーポレーション」(群馬県太田市)によると、食中毒の原因とされるポテトサラダの食材は同県高崎市内の業者から納入。

高崎市の食品加工工場から袋詰めのポテトサラダを仕入れ、各店舗でハムやリンゴをまぜて販売していた。7~8日に買って食べた14人が腹痛などの症状を訴えた。

出荷元の食品加工工場は、この総菜店以外の店にも完成前のポテトサラダを卸しているが、現時点で他の被害は確認されていない

このことから県は、総菜店でポテトサラダを完成させる際に菌が混入したと推測している。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。