1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『直虎』から『半分、青い。』へ!「矢本悠馬」の勢いが止まらない

大河ドラマ「おんな城主直虎」で、主人公の家臣役を好演している「矢本悠馬」。2018年前期の朝ドラ「半分、青い。」への出演が決まった。実は矢本、朝ドラは子役時代含め3回目。8年間の休業を経て、俳優復帰後は順調にキャリアを重ね、人気の若手バイプレーヤーに。今後も「ちはやふる 結び」など出演作が続く。

更新日: 2017年11月24日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 92774 view
お気に入り追加

◆大河ドラマ『直虎』で家臣役を好演している「矢本悠馬」

矢本悠馬が大河ドラマ「おんな城主 直虎」(夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で、井伊家の家臣・中野直之を演じている。

武芸の達人でもある直之は井伊家にとってなくてはならない存在で、これまで何度も直虎の窮地を救ってきた。

@yuma_yamoto 矢本くんの声も演技もほんとに大好きです 直虎、最強だと思います

◆そんな矢本が朝ドラ『半分、青い。』に出演

[フォトギャラリー]佐藤健が朝ドラに!「半分、青い。」出演者発表会見 #朝ドラ #半分青い #永野芽郁 cinematoday.jp/gallery/E00118… pic.twitter.com/G0aVTW8DGS

矢本は発表会に出席していないので写っていません

18年度前期NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(18年4月2日スタート)の追加キャストが22日、都内の同局で発表された。

鈴愛の同級生 西園寺龍之介…矢本悠馬
鈴愛と同級生のガキ大将、通称・ブッチャー。町でいちばんのお金持ち・西園寺不動産の息子で、自宅から学校まで人の土地を踏まずに行けるらしい。

学校では同級生たちを従えているが、律の前に来るとなんでも言うことを聞いてしまう。律と幼なじみの鈴愛にことのほかちょっかいを出してくる。

半分、青い 芽郁ちゃんの同級生役 矢本マンは最高、楽しみ 本当毎日朝ドラで 1日にスタートするから 幸せや!!!!!!

◆実は矢本の朝ドラ出演は、子役時代含め3回目

『てるてる家族』(2003-2004)

佐藤浪利 役:矢本悠馬

これまでに子役時代に出演した「てるてる家族」、2014年の「花子とアン」と2作の連続テレビ小説出演経験を持つ。

正月は、製パン工場は休みで、一家そろって正月を祝うが、『シャトー』は元日から店を開ける。そんななか、佐藤(大村崑)が孫の浪利(矢本悠馬)をみんなに紹介しようと、店に連れてくるが…。

『てるてる家族』(2003-2004)佐藤浪利 役

注目され始めたのは『花子とアン』に出演したことがきっかけである。ヒロインの幼馴染を演じ、お金持ちのボンボンでお調子者だけど、どこか憎めないキャラとして知名度を高めた。

『花子とアン』(2014)

之の字矢本くんの朝ドラの役柄 てるてる家族→金持ちの息子 花子とアン→金持ちの息子 半分、青い→金持ちの息子 なんでや?!!

◆映画に大抜擢のデビュー後、8年間の休業を経て俳優復帰

『ぼくんち』(2003)

監督:阪本順治
脚本:宇野イサム
原作:西原理恵子
出演:観月ありさ、矢本悠馬

矢本は12歳の時、劇団にも事務所にも所属せず演技も未経験ながら、「どこかやる気のない演技」が漫画の世界観にピッタリと言う理由で、観月ありさ主演の『ぼくんち』で弟役を演じるという大抜擢のデビューを果たした。

「子役のときは親にやらされていたという気持ちが大きくて、1回やめているんですよ。あのときは本当に役者がイヤで。」

矢本のコメント

◆復帰後は学園物などを中心にキャリアを重ね

『ごめんね青春!』(2014)

古井豊 役:矢本悠馬

「水球ヤンキース」や「ごめんね青春!」などのドラマや『銀の匙 Silver Spoon』『クローズEXPLODE』などの映画への出演でキャリアを積み重ね。

『ごめんね青春!』ではイケメンが多くいる中、ヤンキー漫画に憧れるエセヤンキーという憎めない役を好演。

1 2 3





記憶の中で生きてゆける