1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

クイーン・エリザベス1世に扮した

マーゴット・ロビーがクイーン・エリザベス1世役を務める最新作『Mary Queen of Scots』(原題)

ブロンドからレッドヘアに一変し、生え際が後退、顔色も青白く、マーゴット・ロビーが彼女自身というより間違いなくイギリスの君主に見える

肌を白く見せるために生え際を剃っていたエリザベス女王に倣い、マーゴットも…!

NEW: Margot Robbie was spotted in Gloucester today filming 'Mary, Queen of Scots' as Queen Elizabeth I. pic.twitter.com/ROFfkzx5BX

Σ(゚Д゚)

女優に転身後、「何だってやる」と語っていた

新作映画「Life in a Year(原題)」(ミティヤ・オコルン監督)の役づくりだという

カーラは撮影に合わせて自らの髪を徐々に短くしていき、最終的にはマネージャーやエージェントの反対を押し切り全て剃り落とした坊主頭にしてしまった

体重も落として、役への取り組み方はかなり本気

いろいろな服が着られるようになりました。いまはドレスとかが好きですね。自分の女性らしさをちがった角度から見ることができるから。手入れがいらないのが気にいっています

とても開放的。そんな自由なパワーと、美しさに髪は不要だというメッセージを伝えたいんです

えまってカーラが坊主にしたの今知っためちゃ似合うやんめちゃ可愛いやんめちゃかっけーじゃん pic.twitter.com/Jt7XPdovgC

長年トレードマークだったブロンドをばっさり

ブロンドヘアがトレードマークの彼女が、自身のインスタグラムでバズカットを披露し、話題を呼んでいる

ケイトは、オーストラリア出身の歌手のシーアが手がける新作映画『Sister(原題)』の役作りのために、バズカットにしたことが明らかに

【ほとんど少年みたいになった!?】ケイト・ハドソンが坊主頭にヘアカット!Kate Hudson debuts bold new SHAVED head geinou-scoop.com/?p=49582 pic.twitter.com/EUwmpOceRD

全容は明らかにされていませんが、8年前にシーアが1枚の紙に書いたショートストーリーが元になっていることのことで、シーアだけに音楽映画かミュージカル映画になることは確実のようです

どんな役柄なのか気になるところ。

役作りもあるけれど、坊主頭は念願だった

1 2