1. まとめトップ

フォーブス誌が選ぶ「世界で最も稼ぐ俳優」2017年ランキング

ケタが違いすぎ!米経済誌『フォーブス』が、「世界で最も稼いだ俳優」2017年版ランキングを発表。過去12か月の概算収入をもとにリスト化したものでランキング一覧は同誌サイトで8月22日に掲載された。TOP30入りした驚愕の超高額年収を稼ぎだした俳優たちをご紹介!

更新日: 2017年11月18日

coco3nnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 655 view
お気に入り追加

1位

出典eiga.com

年収:6800万ドル(約74億円)

映画
「トランスフォーマー 最後の騎士王」
「パトリオット・デイ」
「バーニング・オーシャン」

大作に立て続けに出演。マーキー・マークの名でラッパーとして活躍し、カルバン・クラインの下着モデルも務めたのち役者デビュー。

世界的ヒットを記録しているSFアクション『トランスフォーマー』シリーズの第5弾。地球に迫る危機に、人類とトランスフォーマーの混成チームが立ち向かう。前作に引き続き、マイケル・ベイ監督がメガホンを取る。マーク・ウォールバーグ、スタンリー・トゥッチ、ジョシュ・デュアメルのほか、名優アンソニー・ホプキンスらが出演。

2位

出典eiga.com

年収:6500万ドル(約71億円)

映画
「セントラル・インテリジェンス」
「ワイルド・スピード ICE BREAK」

テレビシリーズ『ボウラーズ』

『ロック様』でおなじめ元wwwEのプロレスラー。

全世界シリーズ累計興収3800億円突破!!全世界待望のシリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』

3位

出典eiga.com

年収:5450万ドル(約59億5000万円)

映画
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」
「ワイルド・スピード ICE BREAK」
「トリプルX 再起動」

「ワイルドスピード」「トリプルX」などアクション映画がシリーズ化されて連続出演

1970年代を中心にヒットした数々のナンバーに乗せ、異色ヒーロー集団が大暴れする『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の第2弾となるSFアクション。銀河の平和に尽力する個性派チームの活躍を描き出す。

4位

出典eiga.com

年収:5050万ドル(約55億1300万円)

映画
「サンディ・ウェクスラー」
「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」
「ピクセル」

俳優・脚本家・コメディアン・映画プロデューサー
日本でのヒット作は少ないが、アメリカで絶大な人気を誇るコメディ俳優。

ゲームクリアか、全滅か。
ゲームオタクVS80年代のゲームキャラ、今、「決戦」がスタートする!

5位

出典eiga.com

年収:4900万ドル(約53億4900万円)

映画
「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」
「スキップ・トレース」
「レイルロード・タイガー」

ハリウッドでも活躍する香港出身のアクションスター。映画プロデュース制作も。

ジャッキー・チェン×レニー・ハーリン監督(『ダイ・ハード2』『クリフハンガー』)×ジョニー・ノックスヴィル(「ジャッカス」)。ジャッキー映画歴代No.1のオープニング週末興収を記録したメガヒット・アクション!!

6位

出典eiga.com

年収:4800万ドル(約52億4000万円)

映画
「スパイダーマン ホームカミング」
「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」

5歳の時に父のロバート・ダウニー監督作で映画デビュー。高校中退後、本格的に俳優業をスタート。薬物問題で6回逮捕されており、拘置所から撮影所に通ったなどの逸話を持つ。

ベルリンでのアベンジャーズ同士の戦いに参加し、キャプテン・アメリカのシールドを奪ったことに興奮するスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーは、ニューヨークに戻ったあとも、トニー・スタークからもらった特製スーツを駆使し、放課後の部活のノリで街を救う活動にいそしんでいた。

7位

出典eiga.com

年収:4300万ドル(約47億円)

映画
「バリー・シール アメリカをはめた男」
「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」
「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」

「エンドレス・ラブ」(81)でデビューを果たし、「卒業白書」(83)、「レジェンド」(85)を経て、「トップガン」(86)でブレイクし瞬く間にスターダムにのし上がる。

トム・クルーズがパイロットからCIAエージェントに転身し、麻薬の運び屋として暗躍した実在の人物バリー・シールを演じるクライムアクション。バリーの嘘のような人生がアクション、コメディ要素満載で描かれる。敏腕パイロットとして民間航空会社に勤務するバリー・シールのもとに、ある日CIAのエージェントがやってくる。CIAのスカウトを受けたバリーは、偵察機のパイロットとしてCIAの極秘作戦に参加。作戦の過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、バリーは麻薬の運び屋としても天才的な才能を開花させる。

8位

年収:3800万ドル(約41億4800万円)

インドのニューデリー出身の俳優。1990年代からヒンディー映画界で圧倒的な人気を博し、アジア各国やアメリカ、ドイツ、イギリス、日本にも根強いファンがいる。

インド公開 1998年8月21日
日本公開 2000年8月5日
インド映画史上随一のミュージカルナンバーより。

9位

年収:3700万ドル(約40億4000万円)

インドの映画俳優、フィルムフェア賞受賞者。80作以上のボリウッドに出演している。インドの映画史で最も有名な俳優の一人とみなされている。

『タイガー~伝説のスパイ~』などで知られるインドの肉体派スター、サルマーン・カーン主演によるアクション。汚職に手を染めつつも、か弱き人々を守り抜く正義の心を持った警官が、悪徳政治家と壮絶な闘いを繰り広げていく。

10位

年収:3550万ドル(約38億7500万円)

インドの映画俳優兼プロデューサー。1990年代から膨大な数のボリウッド映画に出演してきた。剛柔流空手の黒帯の持ち主でもあり、その縁でオリンピックの聖火リレーに招待されたこともある。インド屈指の有名俳優の一人。

1 2 3





美味しいものを食べるのが大好きです。札幌で毎週食べ歩きをしています。