1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

意外と可愛い一面も?「虫がダメ…」な男性芸能人がこんなにいた

虫が苦手、嫌いというと女性のイメージがありますが、実は男性芸能人にも結構いるようですよ~。

更新日: 2017年08月25日

stoneflowerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 17135 view
お気に入り追加

▼夏と言えば…虫の季節でもある。

ひとり暮らしの部屋に突如襲ってくる悪魔のようなやつ……。

▼苦手な人も多いよね…。

ワイ、虫苦手やからカブトムシとかも触れないし見ただけで 「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!ムリムリムリムリムリムリ」ってなる

セミ嫌いすぎて体痒い。本当に大嫌いな虫です、家から出るのも一苦労!

▼でもどうして大人になると苦手になるのだろう?

子どもの頃は平気で捕まえていたのに、大人になってからは触れるどころか視界に入れることさえも怖くなってしまった

子どもの頃は、好奇心から何でも手に取ってみるものです。しかし、周りの人が何かを嫌っていると、『ああ、あれは気持ちの悪いものなんだ』と認識してしまい、苦手になってしまう

□女性のイメージだけど、実は意外と多い「虫嫌い」の男性芸能人。

・「恋人の肩に止まっていたらそっと教えるだけ」岡田将生。

「虫が本当に嫌いで…」と虫嫌いを告白。恋人の肩に毛虫が止まっていたらどうするかと聞かれると「恋人がびっくりしないように教えてあげる」と頼りない答え。

「運命の選択をする瞬間が来たら、愛する人を守ると誓えますか」という質問に「誓います!」と力強く宣言した岡田さんだったが、「もし恋人が飛び出した歩道に虫がいたら?」と問われると、岡田さんは「いや、虫の時は駄目ですよ」と途端に弱腰

・「ゴキブリが家に出たら引っ越す」三代目JSB・登坂広臣。

・「風呂場に出たゴキブリで大パニックになった」嵐・二宮和也。

「毛虫ダメ」「ハエの羽音がダメ」「トンボもダメ」「蚊もちょっとやだ」と虫嫌いを次々告白。

1 2