主流の導電性微粒子には大きく2つあるようです。
・金属を微細加工で粉にしたもの(銀ペースト、はんだペースト)
・樹脂(スチレン系など)にめっき(ニッケル又はニッケルの上に金メッキなど)
積水が基本特許を取った樹脂の導電性微粒子は、樹脂を核(コア粒子)にし、外側に金属メッキを施し、導電性を持たせた微粒子の事です。積水化学工業が1989年に取得した基本技術特許であり『ミクロパール』という同社の開発した導電性微粒子は、2017年8月25日現在でも世界シェア断トツ1位の約70%を占めているようです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

業界激震!!?世紀の発明・銀メッキアクリル粒子とは?既存の導電性微粒子との比較まとめ!

世界シェア約70%を誇る積水化学工業株式会社の技術を超えた!?株式会社山王が開発した『銀メッキアクリル粒子』の基本特許について徹底検証まとめ!!

このまとめを見る