1. まとめトップ
  2. 雑学

サッカーの「偽9番」ってどんなポジションなの?

サッカーのちょっと特殊なポジションとして近年「偽9番」と称される選手がいます。この「偽9番」に配置された選手はどのような役割を担うのでしょうか?

更新日: 2017年08月26日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 62505 view
お気に入り追加

■新天地で鮮烈デビューを飾った本田圭佑

スルーパスからのドリブルシュートでチーム4点目、自身にとってメキシコでの初ゴールを挙げた

負傷や高地順応の遅れのためデビューまで時間を要した本田だが、初めてベンチ入りした試合に途中出場すると、いきなり結果を出してみせた

■次なる役目は"偽9番"?

デビュー戦ではインテリオールや2トップ気味の位置でのプレーとなったが、次戦では“偽9番”で起用される可能性もありそうだ

トップ下の資質があり、必要なら1トップもこなせる本田は確かにこの役割に適している選手かもしれない

背番号2を背負う本田が“偽9番” として新境地を開拓するのか、インテリオールのポジションで攻撃を組み立てるのか、ベラクルス戦に続くゴールも期待される

■…ところで"偽9番"って何?

9番の選手というのは点を取る選手、すなわちセンターフォワードを指します

9番はゴールに向かう動きをするが、偽9番はゴールから離れる

簡単に言えばフォワードの位置でゲームメイクするプレーヤーを指します

■FWがMFのように振る舞うことで中盤の支配力を高める

中盤やサイドに下がってきて相手のCBとMFの間でボールを受け、チャンスメイクしたり空いたスペースに飛び込む

パス回しに積極的に関与するFWの存在によってパス回しの局面での数的優位を作り易く、チームのポゼッション率をより高める事が可能

■様々な能力が求められる難しいポジションでもある

センターフォワードの代わりに、得点力とパスセンスを兼ね備えたアタッカーを最前線に配置して、複数人がゴール前に飛び出す

この戦術にはプレースタイルを切り替えられる選手が求められます

■"偽9番"の元祖はローマのトッティ

2000年以降、ローマのルチアーノ・スパレッティ監督がフランチェスコ・トッティで体現した“0トップ”が始まり

トッティを1トップに置きながら、彼が中盤に自由に下りてきて後方からのボールを引き出し、代わりに中盤から前線へどんどん味方が飛び出して、トッティからのラストパスを受ける

■その後、世界中の名手たちが"偽9番"として活躍した

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします