1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

これは聴きたい!…今年も活躍してる日本の女性ラッパーたち

2017年に新作をリリースしている日本の女性ラッパーをまとめてみました。

更新日: 2017年08月26日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
112 お気に入り 52642 view
お気に入り追加

ディープな歌声とエモーショナルな歌詞…Awich(エイウィッチ)

ときにやさしく、ときに艶めかしく。ディープな歌声とエモーショナルなリリックで聴く者を神秘的な別世界に誘う女性ラッパー。

Awichは沖縄で生まれ育ち、その後アトランタに渡り、ファイブ・パーセンターズのメンバーの男性と結婚、長女を出産。家族で日本に戻ろうとしていた矢先に夫が銃殺されるという、壮絶な過去を持つ。

音楽や映像、ファッション関連の企画会社を立ち上げる一方、2014年にセルフ・プロデュース作品「Two」を発表するほか、ラジオDJや番組キュレーターを務めるなど幅広く活動。

東京を代表するヒップホップクルー、YENTOWNのメンバーにも加入したばかりなど、今後の 動きにも目が離せない。

アルバムタイトルの『8』は、横に倒すと∞(無限大)であることや末広がりを意味する数字であること、また破壊と創造を意味する数字とも言われていることから命名。

このアルバムは、彼女にしか描けないウチナーグチ(沖縄語)と英語、日本語を自在に組み合わせたエモーショナルなリリックとディープな歌声で神秘的な世界を表現している。

Remember - Awich feat. YOUNG JUJU (Prod. Chaki Zulu)

基本的に海外もJ-POPも良くディグるんですが、このアルバムはハンパない。 日本人にこんなサウンド&スキルがある人いてとても嬉しい。 #Awich #8 twitter.com/awich098/statu…

異色な経歴から自由に生み出されるラップスタイルは、唯一無二

6月30日生まれ、東京都練馬区出身のラッパー/ドラマー/トラックメイカーのプロジェクト。本名は池田暁子。

2人組ガールズバンド「HAPPY BIRTHDAY」のドラマー兼パフォーマーのアッコ。2014年のバンド活動休止後、ソロプロジェクトとして始めたのが、「あっこゴリラ」である。

レペゼン地球バイヴスで、ライヴハウスからアイドル、クラブ、キャバクラ・MCバトル、お笑いイベントまでジャンルレスに活動中。

元々ドラマーという異色な経歴から自由に生み出されるラップスタイルは、デビュー1年にしてすでに唯一無二の形を提示している。

あっこゴリラが、 約2年をかけた歯科矯正が無事に終了したことを自身のSNSで発表した。

ラップはじめたくらいに矯正もはじめたから、最初はラップすると口の中血まみれだし、ごはん食べるとすぐ詰まるから大口あけて笑えないし大変だった。 pic.twitter.com/IRAZsp2gcP

総額80万円掛かった矯正費用の内、20万円がまだローン返済できていないことも語り、完済に向けての企画を週明け発表予定。

ウルトラジェンダー × 永原真夏(Sebastian X)

2017年6月20日

あっこゴリラの持ち味である自由で勢いのあるラップと、永原真夏の真骨頂であるパワフルで伸びやかなボーカルが絡み合い、夏らしい、熱量の高い楽曲!

今回の楽曲ではドラムのパートを自身で演奏するなど、ドラマー「あっこゴリラ」も久々に登場している。

あっこゴリラ「ウルトラジェンダー × 永原真夏」

ライブで何度か聴いた曲だけどYouTubeやっと拝見。めちゃめちゃかっこいい!メッセージも素晴らしいし。ロケ地はタイ?彼女ほど南国の街が似合う人はいません。次作はリオあたり希望。 あっこゴリラ「ウルトラジェンダー × 永原真夏」 youtu.be/0LEoIqqw2zk

1 2





ラガモさん