1. まとめトップ

私って~じゃないですかキャピッ♪一緒にいてつまらない人の特徴

周りに話をしていてつまらなく感じる人はいませんか?一緒にいてつまらない人の特徴を知ることによって自分の対人スキルを上げることができます。つまらない人間にならないようにまずは特徴を知ってください。

更新日: 2017年08月26日

4 お気に入り 8453 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■気づかぬうちにつまらない人になっていませんか?

自分がどういう性格だ、ということはわかっているようでわかっていない部分もあります。
特に話グセは自分より聞いている相手の方が理解しやすいです。
言い回しや話の流れは無意識に行っている方が多いのでもしかすると相手が不快に感じていることに気づいていないかもしれません。

■自分に当てはまったら注意

もし自分に思い当たる節や言い回しやがあれば注意です。
出来るだけ意識して話し方を変えるだけで相手の反応も今までとは違ってくるかもしれませんし、話の流れも今までよりスムーズに感じられるかもしれません。

〇話がつまらない人のフレーズ例

→『でも』『だって』と何でも否定

相手が言う事に対して『でも』や『だって』を繰り返し連発。
これを使う人の会話はだいたい愚痴や文句が多い傾向がある。
相手の話す意欲をもぎ取ってしまう。

→ここだけの話

『ここだけの話』と言う人はウワサ好き。
そして人の詮索が大好物。
ここだけの話と言う人はここだけではとどめられない。
誰かに話したくてウズウズしている。
なのでそんなウワサ好きな人に自分の事を話そうとは思わない。
信用はまずない。

→自分の話ばかりする

自分の事ばかり話をして相手がずっと聞き役。
会話のキャッチボールが出来ない。
弾丸で自分の事を語ってくる。
そういう人の話の内容はたいてい面白くない。
自分が語れないので面白いと思えない。

→『私って~じゃないですか』→(知らんがな)

この言い回しを使う人は自分語り大好き人間。
自分はこうだと知って欲しい気持ちが大きいのでつい無意識でこのワードを言ってしまう。
しかし相手からすると『知らんがな』状態。
一気に冷めてしまいます。

→話を自分に持って行く

『それなら私はさ~』『うちの彼氏・旦那なら~』『私なんて~』と話を自分に持って行く。
いわゆる会話ドロボウ。
お互いに話を言い合うならいいがこっちの話を全部自分のエピソードでかぶせてくる。
こちらは話す気がなくなりふーんと適当に聞くのみ。

→話の先を勝手に話し出す

『〇〇ってさ~』と言うと『あ~知ってる〇〇ね。××だから〇〇なんだよねー。』とこちらが話そうとするその先を勝手に話し出す。
そういう時に限って勝手に話されてしまった内容はこちらが話したい事ではない。
でももう言う気もなくなる。

→こちらが全く知らない人の話

今まで話していた事で関連して出てくるならいいが、全く関係なく突然知らない人の話をされるとなぜ私に話すのか?と謎になる。
『彼氏のお父さんがこないだ同窓会に行った時こんな料理を食べたみたいでー』
…う、うん。となる。

→この間すごい面白いことがあってさー

このフレーズを出す事で笑いのハードルを自ら上げてしまう。
しかし大概話の内容はおもしろくない。

→悪い人じゃないんだけどねー

散々人の事をディスっておいて最後に『悪い人じゃないんだけどねー』と言う。
一応フォローしているつもりだろうが絶対内心マイナスな人として考えているので文句を言っている自分をかばうために付け加えている言葉。

→マウンティング

こちらはそんな気全くないのに全てにマウンティングしてくる。
ある程度ならマウンティングと感じなくともことあるごとにマウンティング連発。
こっちはそんなつもりないのですごいねーと乗ってあげる。
すごいねと言われると満足げな顔をする。
こちらは全くすごいと思っていない。

→上から目線

先に彼氏が出来ると『彼氏を作るにはこうしたらいいよ!』
先に結婚すると『結婚するって大変なんだよー』
先に子どもを産むと『子どもにはこうしてあげて』
何かと上から目線で語る。
こちらのことを見下してるのがわかりやすい。

→オチまでの話が長い

1 2