1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

“二コラ伝説”岡本玲が復活へ!朝ドラ『わろてんか』主人公の恋敵役

「二コラ」(nicola)モデルとして圧倒的な人気を誇り、“十代のカリスマ”“二コラ伝説”と称された岡本玲。女優転進してからは低迷、日大芸術学部に進学し演技を学び直した。その後、朝ドラ「純と愛」で再び注目され、着実にキャリアを重ねていたが、ついに二度目となる朝ドラ「わろてんか」に重要キャストで登場。

更新日: 2017年09月18日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 48242 view
お気に入り追加

◆「二コラ」伝説のモデルだった岡本玲

平成3年6月188日生まれ、和歌山市出身。小6でティーン向けファッション誌「ニコラ」のモデルとしてデビュー。

新垣結衣や栗山千明、西内まりやなど、そうそうたるメンバーも所属していたファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルとして、5年連続人気投票1位。

『ニコラ』の専属モデルの中でも、通算で25回も表紙を飾った岡本の記録は今だに破られておらず、人気投票でも常にトップを走り続けていた岡本の偉業は、今でも“二コラ伝説”として語り継がれている。

◆また英検2級、暗算4段など才色兼備

英検2級、漢検3級、書道2段
日本珠算連盟段位認定試験 珠算準3段
日本珠算連盟段位認定試験 暗算4段

◆しかし、モデルから女優への転身は順調とはいかず…

『憐 Ren』(2008)

監督:堀禎一
脚本:尾上史高
原作:水口敬文
主演:岡本玲(初主演)

しかし、08年に『二コラ』を卒業し、モデルから女優へと転身した途端に、勢いは失速。

07年に「生徒諸君!」でドラマデビュー。その後も「赤い糸」(08)、「タンブリング」(10)などに出演したが、「演技力がまだまだ」などと評されることもしばしば。

「もともと、お芝居は自分でも分かるくらい“ど下手”。始めた頃は、なんで自分はできへんのやろう、と思っていました。」

岡本のコメント

◆日大芸術学部に進学し演技を一から学び直した

『純と愛』(2012)

脚本:遊川和彦
主演:夏菜

待田誠 役:岡本玲

「もともと努力家で学力も高かったので日大芸術学部に進学し演技を一から学び直してから、女優として成長したようです。」(スポーツ紙デスク)

「できないことへの探求心が昔から強くて、『できるようになりたい』という思いが強かったと思います。自分に負けたくない。負けず嫌いなんです。」

岡本のコメント

「学生時代に出演したNHK朝の連続テレビ小説『純と愛』でトラウマを抱えたストーカーっぽい役柄で認められてからは、女優としての仕事が増えていきました。」(スポーツ紙デスク)

24年10月から放送のNHK連続テレビ小説「純と愛」ではヒロインの夫の妹役でマスク姿を披露し、話題になった。

◆その後は順調にキャリアを重ね

『はじめまして、愛しています。』(2016)

脚本:遊川和彦
主演:尾野真千子

新井かほ役:岡本玲

主な出演作品は、NHK連続テレビ小説『純と愛』、フジテレビ『救命病棟24時~第5シリーズ~』、『フリーター、家を買う。』、TBS『クロヒョウ2』、映画『L DK』ほか多数。

昨年は「ウロボロス」「コウノドリ」など話題のドラマ6本にゲスト出演したほか、映画「脳内ポイズンベリー」にも出演。今年に入って3作目の舞台「ダンガンロンパ」に出演中の売れっ子ぶり。

2016年の記事

ドラマ『はじめまして、愛しています。』第4話~レギュラー出演 新井かほ役(2016年7月~)

映画『サクラダリセット』より、第2弾キャストが発表された。「物体を変化させる」能力を持つ管理局職員・宇川紗々音には岡本玲。

2017年

1 2





記憶の中で生きてゆける