1. まとめトップ

就職活動が中々うまくいかない、または就職しても思った所ではなく無理ってケースがあります。

若い方は、特にですが雇ってほしさに過剰にペコペコしたり機嫌伺いをしたり。面接では感じの悪いおじさんが頬杖をついて全然話も聞いていないとか、意地悪な質問をしてくるとか。
変な面接官に当たれば自分の話を否定されたり、いちいちなんでここはやめたのかね?とか、うちの職場はねーと無理難題言われたり、実際は「は?」と思う経験した方もいるでしょう。

とりあえず、就職が決まったとしても家に帰れば家族が励ましてくれていましたが、それでも精神状態はあまり良いものではありませんでした。

どうすればそのような思いをしなくて済むのでしょうか?

そのような思いをしないためには、こちら側が「選ぶ」意識を強く持つことです。

要は、お互いがお互いに「選ぶ」意識で一致したら内定、という風にしないと、会社側もどうしてうちに来たの?となりますし、会社は一方的に選ぶのでなく、学生側にもきちんと説得力のある理由で選んでもらいたいのです。

たとえ選考から漏れても「ここは自分とは意見が合わなかったんだな」と納得することができます。

若い方は、不採用になった時に酷く落ち込んだり自殺までされる方がいます。会社は、そこ1社だけではありません。命を絶つなどもってのほかです。もったいないです。

自殺は殺人と匹敵するほど罪が重いので死んだあとに苦しみます。人それぞれ可能性をもっているので自分のよさを分かってもらえない所など落とされて良かったかも難を逃れたと思いましょう。

若い方でうまくいかない人は、アルバイトでも内職でも他に目を向けましょう。それか・・・暫く休んで資格取得でもいいと思いますよ。

わたしは感じの悪い面接官のところでも最初頑張っていましたが、だんだんイライラしてきて辞退していました(笑)

就活だから我慢するのではなく、人が人を見る場面で相手も努力してこちらを見ようとしないのはおかしい、とわたしは思っていたのでそうしました。

またよくあるパターンでは、聞いてた話と違っていて仕事量が1日で終わらないような仕事で
ほかに分かる人がいないといった所では、働かない方がいいと思います。組織はチームでするものなので協力をはじめから得られないような職場は個人が苦しむだけなので、そういう所は我慢してまでいる必要は、ないと思います。

また、環境も大事です。意地悪な人が複数いたり、ねたみ嫉妬が激しい女性が裏で悪さするような人がいたら会社にいってもゲンナリしますよね。また、そういった次元の低い人を何人も雇い入れてる会社があるなら人事の見る目のなさで職場への評価も落ちますよね。

就職活動は、自分の好きなもの探しといってもいいと思います。
好きなこと・もの、向かいたい方向を決めれば、必ず就職先は見つかります。
好きなことやものに対しては、自分なりの好きな理由が何かしらあると思います。

それをうまく説明できれば、会社側へ伝える時に説得力が増します。

能力は関係ないと書きましたが、これは本当です。

学力テストなら別ですが、今まで何をしてきましたか?どのようなことができますか?長所は?という部分は、いくらでも作れます

自分をよく見せたいあまりに「それほんとなの?」と思われてしまったらダメですが、相手は自分のことを何も知りません。

履歴書とエントリーシートしか、あなたに関する情報はありません。

どのような職種の仕事においても、下積みは付き物ですが、この期間に嫌になってしまうということが多く見られます。でも、私は嫌な事を我慢する必要はないと思います。

下積み時代に、単調な作業の繰り返しや雑用などを毎日のようにやらされ「自分の能力をなかなか発揮できない」と焦り、嫌になってしまうのです。

仕事の能力が高い人が、必ずしも成功するとは限りません。

能力の高い人は、人から妬まれる傾向が高く、他人から足を引っ張られてしまうことが多いからです。
周りに気配りをしてもねたまれて足を引っ張られる女性には、能力も高く美人で嫉妬されてうまくいかないというケースもあります。美人な人は普通の人よりも苦労をします。

仕事がうまくいかない人の特徴として人間関係も考えられます。
人間関係がうまくいっていないから、仕事がうまくいかないこともあるでしょう。
仕事がうまくいかないから、人間関係も険悪になることも考えられます。

しかし反対に人間関係はいいんだけど環境もいいんだけど仕事内容が自分ができる範疇を超えすぎてるという場合にもリタイアする場合もあります。そしてリタイアした場合に保守的な人間は、あぁこの子は、ここも続かなかったとしか判定できない人も多いのでしょうが、その人の苦労を他の人が経験しないとそれは分からないことなんですよ。

結局は、うまくいかないのは、その人のやり方が悪い訳でもなく能力が劣ってるからでもないってことです。少しでも自分が働きやすい所にいけるのが1番いいですよね。

1





momonga777さん

沢山の人が見れるように色んなジャンルを作っています。オカルト系が得意かも。