北口から徒歩1分の距離にある某雑居ビルは、
かつて「闇金ビル」と呼ばれ、日本人の金融業者や
風俗店がひしめきあっていた。
しかし、闇金衰退とともに中国系の怪しげな風俗店や
美容院が入居しだし、今や入居者全体の
7割を占めるまでになったという。

出典"アウトレイジ"化する在日中国人が池袋で台頭(1ページ目) - デイリーニュースオンライン

前へ