1. まとめトップ

【Facebook】アカウント停止で顔写真の提示を求められたときの対処法【フェイスブック】

最近、フェイスブックのアカウントで本人確認の為の顔写真の提示を求められる事が増えています。調べてもどのように対処するべきなのかいまいちわかりにくいのですがここを読めばバッチリ解決!

更新日: 2017年08月29日

1 お気に入り 121641 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■Facebookでアカウントが停止された!

現在Facebookで新規アカウントを作成すると、顔写真のアップロードを求められ、アップロードすると間もなく「アカウントが停止されています」と表示され、Facebookにログインすることが出来なくなる問題(凍結/BAN)が急増しています。

Facebookアカウント作成後にアカウントが停止される事例は、ここ最近急増しており、Twitterで簡単に調べただけでも相当数の報告が見つかります。

自分の写真を送ったのにアカウントが停止し、さらに免許証を送信して、昨日数時間復活したと思ったら、またこっからやり直し、これで復活したら、Facebook完全に辞めるわ。 本人確認、本人確認ってウザすぎる。 pic.twitter.com/uguo2BZvqI

@hiromi_suda Facebookヘルプセンターの「自分のアカウントが無効にされた」のフォームにメールアドレスと名前生年月日追加情報を入力して送信ボタン。Facebookから回答とアカウント停止を解除するためにすべきことが… twitter.com/i/web/status/9…

なーんーでー??また、Facebookのアカウント停止ってなった┐('~`;)┌まだ、アカウント作っただけなのに.....何がいけないのかサッパリンコ???

facebookはクソ (アカウント停止させられたまま対応策がない)

■アカウントが停止される理由とは

Facebookでは、Facebook利用規約に従っていないFacebookアカウントを停止しています。たとえば、次のような場合です。

・Facebook利用規約に従っていないコンテンツを投稿している

・偽名を使用している

・他の人になりすましている

・Facebookのコミュニティ規定に違反して、Facebookで許可されていない行為を続けている

・嫌がらせ、広告、宣伝、デート、その他の許可されていない行為を目的として、他の利用者に接触している

Facebookのサポートでは、違反によるアカウント停止の理由が記載されています。

■利用規約に従っているのにアカウントが停止されてしまった

Facebookでは、他の人のなりすましを禁止しています。
つまり、1人1アカウントです。
ですが、家族で同じPCを使っていたりWi-Fi接続で同じIPアドレスを使用してFacebookに別アカウントでログインしていると、なりすましと見られる説が濃厚のようです。

また、人物の写真以外をプロフィール画像に使った場合もアカウント停止の対象になるようです。

突然、身分証明書を要求された理由ですが、もしかするとフェイスブックのプロフィール画像にイラストを使ったのが原因かもしれません。

パソコン内にあったイラストを適当に選んでプロフィール画像に使ったのですが、それから5分後ぐらいに、突然、先ほどの画面が表示されました。

フェイスブックの要件に「実在の人物の画像」とありますので、さすがにイラストはまずかったかもしれません。

ちなみに、営利目的も禁止行為ですのでAmazonのほしいものリストを公開したり預貯金の口座番号を書き記したりなどもアカウント停止の対象です。

Facebookを始めたばかりで、
友達が1人もいないから、
手当たり次第に申請を送ったりすると、
アカウントが停止される可能性もあります。

■アカウントを復活させる方法

もし、
あなたがスパム行為や迷惑行為、
偽名でアカウントを利用している場合は、
停止を解除できない可能性が高いです。

ですが、
停止される理由が全くわからない、
規約に違反している覚えがない場合は、
利用停止問い合わせフォームから
申し立てをすることで解除できます。

「個人用Facebookアカウントが停止されました」という、よくある質問のページに飛びます。

「アカウントが停止が間違いだと思われる場合は、申し立てを送信してください」をクリック。

「Facebookの利用規約に違反したことによってアカウントが停止された場合のみ、このフォームを送信してください」と書いてあり、こちらとしては違反したつもりはないので非常に不本意ですが、やるしかありません。

送信してもFacebookからの連絡はないようです。

その後もメールが一向に来ないので、ダメ元でログイン操作してみました。

するとなんと、ログインできるようになっていました!

追加での申し立て申請からおよそ1日後のことでした。

■顔写真入りの氏名・生年月日が確認できる身分証名証がない場合

・社員証or学生証

・図書館orスポーツクラブの会員証

・出生証明書

・ソーシャルセキュリティカード

・銀行口座明細書

・公共料金領収書

上記のうち2件の身分証名証のいずれかで氏名・生年月日・写真を確認できればいいそうです。

最近、本当に謂れのないアカウント停止騒ぎをよく耳にします。
いざという時、慌てず対処できるといいですね。

1