1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北朝鮮のミサイルが日本上空を通過…早朝のJアラートに不安の声

北朝鮮がミサイルを発射したもよう。東北地方に飛来の可能性。政府が避難を呼びかけ。「さきほど、この地域の上空をミサイルが通過した模様です。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい」と伝えました。不安が広がっている。

更新日: 2017年08月29日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 180902 view
お気に入り追加

○北朝鮮がミサイルを発射

ミサイルくんなまじ。 こんなことが現実に起きるなんて。。、 pic.twitter.com/eElycMA3ke

北朝鮮がミサイルを発射したもよう。東北地方に飛来の可能性。政府が避難を呼びかけ。北朝鮮がミサイルを発射したもよう。

午前5時58分ごろ「北朝鮮西岸からミサイルが東北地方の方向に発射された模様です。

韓国の通信社、連合ニュースは韓国軍の話として、北朝鮮が先ほど、日本海に向けて何らかの飛しょう体を発射したと伝えました。

○この地域の上空をミサイルが通過した

対象地域は北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県です。

「さきほど、この地域の上空をミサイルが通過した模様です。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい」と伝えました。

弾道ミサイルの詳しい飛行コースについて、現時点ではまだ発表はありません。

○北海道襟裳岬の東約1180kmの太平洋上に落下した

政府からは、ミサイルは6時12分ごろに北海道襟裳岬の東約1180kmの太平洋上に落下したものと推定されるとの発表がありました。

ミサイルは3つに分離し、3つとも、午前6時12分ごろ、北海道の襟裳岬東方の東、およそ1180キロの太平洋上に落下したものと推定されます。

ミサイルは、北朝鮮の西岸地域から発射されたとみられる。

○JR東日本は一時運転を見合わせた

JR東日本はミサイル発射の情報を受けて東北、上越、北陸の各新幹線と在来線の全線で安全確認のため一時運転を見合わせた。

J-ALERTによるミサイル発射情報が出されたのは、2016年2月7日に沖縄県全域に出されて以来。

韓国の聯合ニュースも、北朝鮮が日本海に向け飛翔体を発射したと報じた。

○全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合などに情報提供する全国瞬時警報システム(Jアラート)

Jアラートはミサイルが日本の領土や領海に落ちる可能性がある場合に、携帯電話の緊急速報メールや防災行政無線などで住民に知らせるもの。

日本に数分間で飛来するため、これまでより前倒しして、国民に早期の避難を促す。

○防災行政無線などを使って住民に知らせる

各市町村では、屋外や各世帯に設置された防災行政無線、携帯電話メール、ケーブルテレビなどから電文と同じ情報が流れる。

北朝鮮から日本に本当にミサイルが飛んでくるのか、現在のところ可能性は低いと見るが、究極的には分からない。

1 2 3





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。