序盤の雪の中に「探偵」が生き埋めにされるシーンは、体を張ってるなと感じました。撮影で実際に生き埋めにされ、苦しくて大変だったと大泉洋さんも話していました。流血シーンはわりと多めでしたが、雪国だからこそのアクションシーンは見応えがあります。高嶋政伸さんが演じる悪役はキャラが濃くてインパクトがありました。クラブのママ「沙織役」の小雪さんは美しさ全開でした。
 前半は「探偵」と「高田」のコンビがコミカルに描かれ、後半は「コンドウキョウコ」と「探偵」の関係がシリアスに描かれていました。ラストはかなり切ないです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大泉洋主演「探偵はBARにいる3」を見る前に知っておきたいこと

大泉洋と松田龍平の名コンピが活躍する「探偵はBARにいる3」の公開が2017年12月1日決まりました。「3」を楽しむ為に「探偵はBARにいる」「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」を振り返ってみようと思います。

このまとめを見る