1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

棚橋弘至から天龍源一郎まで!「プロレスラー」出演映画5選

プロレスラー出演映画が増加傾向。棚橋弘至が映画初主演「パパはわるものチャンピオン」、引退ドキュメント「LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-」、高橋裕二郎俳優デビュー「Bros.マックスマン」、棚橋VS竹内涼真「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」、武藤敬司「リングサイド・ストーリー」。

更新日: 2017年11月19日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 9404 view
お気に入り追加

▼棚橋弘至『パパはわるものチャンピオン』(2018年公開)

新日本プロレス所属のプロレスラー・棚橋弘至(40)が、映画『パパのしごとはわるものです』(2018年公開)に主演する。

板橋雅弘と吉田尚令による絵本「パパはわるものチャンピオン」「パパのしごとはわるものです」を映画化した本作。

かつては人気レスラーだったが、怪我や世代交代の波に押され、悪役レスラーのゴキブリマスクとして戦う孝志、学校の友達にゴキブリマスクが自分のお父さんであることをなかなか言えない息子の祥太、そんな2人を見守る妻・詩織の姿を描き出す。

新日本プロレスのエース・棚橋弘至が主人公の悪役レスラー“ゴキブリマスク”こと孝志役で主演。息子の祥太役を人気子役の寺田心が、妻・詩織役を木村佳乃が務める。

映画『バルーンリレー』やSEKAI NO OWARI「眠り姫」のミュージックビデオなどで知られる藤村享平が監督を務めた。

棚橋選手主演!濱崎さんも撮影に参加されたそうです。必見の映画です。楽しみです。 映画『パパはわるものチャンピオン』 特設サイト iwasakishoten.co.jp/special/conten…

▼武藤敬司『リングサイド・ストーリー』(2017年10月14日公開)

『百円の恋』で日本アカデミー賞、ブルーリボン賞ほか、幾多の映画賞を総ナメした武正晴監督が瑛太と佐藤江梨子を迎えた最新作『リングサイド・ ストーリー』が10月14日(土)より全国公開される。

同作は、『百円の恋』のスタッフが再集結し、同作の脚本家・足立紳の実話をもとに制作したオリジナルストーリー。

江ノ島カナコ(佐藤)は、10年来の彼氏で売れない役者・村上ヒデオ(瑛太)と同棲中。勤め先の弁当工場をクビになり、プロレス団体WRESTLE-1(レッスルワン)のスタッフとして働き始めたことで、徐々にプロレスに魅了されていく。

一方で、ヒモ同然の毎日を送るヒデオは、仕事に夢中のカナコが浮気をしていると勘違いし、嫉妬のあまりとんでもない事件を起こしてしまう。

主演の二人の他、武藤敬司、武尊、黒潮“イケメン”二郎など、プロレスやK-1界のトップアスリートたちの演技にも注目だ。

これすごい楽しみにしてた!! 武尊~(⑉°з°)-♡ 百円の恋もめっちゃ好き!! 瑛太がヒモ同然のダメ男に!佐藤江梨子とW主演「リングサイド・ストーリー」予告完成(映画.com)headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-… @YahooNewsTopics

▼天龍源一郎『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』(2017年公開済)

[映画ニュース] 天龍源一郎、自身のドキュメンタリー公開に感激「馬場さんと鶴田に自慢したい」 eiga.com/l/7FbQQ pic.twitter.com/gEWFmd80oJ

天龍と染谷将太

2015年11月に惜しまれつつ引退したプロレスラー・天龍源一郎の引退発表から両国国技館での引退試合までの日々を追ったドキュメンタリー。

天龍源一郎が65歳を迎えた2015年2月9日、慣れ親しんだ後楽園ホールでプロレスラー廃業を宣言した。そして2015年11月15日の両国国技館で行われた、新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々にカメラが密着。

現役プロレスラーとしての生きざまや、引退を決意した妻の病、父を支え続けてきたまな娘・嶋田紋奈の姿などが映し出される。

監督・撮影・編集を「ほしのふるまち」「通学シリーズ 通学途中」の川野浩司が手がけ、ナレーションを大のプロレスファンで天龍の引退試合も観戦した染谷将太が担当。

天龍は「一人の男の顛末がご覧いただく皆さんの琴線に触れ、様々な『生き方』の形態として映画を通してそれぞれに感じ取っていただけたらと思います」とコメントを寄せた。

1 2





記憶の中で生きてゆける