1. まとめトップ

【衝撃!】25歳から始まる”老化”。「綺麗な女性」を保っていく4つの方法!

24歳に差し掛かり、最近「肌のくすみ」や「20代後半に差し掛かりPMSが酷くなってる…」「10代の頃と目に見えてカラダが変わってきた…」こんなワードが少しでも”引っかかる”ているアナタに贈りたい!!25歳から知っておくべき「綺麗な女性」と「老けている女性」の生活習慣の違い!

更新日: 2017年09月14日

8 お気に入り 9820 view
お気に入り追加

20代後半、最近になり「肌」のくすみや「カラダ」の変化を感じている。

この「タイトル」に共感出来る女性、「私も!」と共感している女性は意外と多いと思います。

以前使っていた、ボディスキンケア~顔のスキンケア商品(パック・化粧水・乳液)まで。

何だか、合わなくなってきた。 最近は本当に「肌のくすみ」「以前より肌の艶が無い」と感じていませんか?

そう、感じていたら、実は、カラダが少しずつ大人の女性になっている、「しるし」です。

私の場合、23歳からカラダの変化を感じるようになりました。

1. 10代後半~20代前半(19歳~23歳)にPMSが急にひどくなり始めました。
  以前の私はPMSを感じる事が少なく、生理の1日、2日前に来る「少しの腹痛」だけでした。
  23歳の後半、PMSが酷くなり「音に酷く敏感になり」「頭痛」や「めまい」「貧血」も起こる様になりました。

2. 10代の頃と変わらない食事生活をしているのに「肌にくすみ」や「ハリ」が少なくなった様に感じる。

3. お酒を飲んだ次の日の「2日酔い」が物凄く酷くなる。

4. 運動した後の筋肉痛が2日位後に痛み出す。    

5. 肌が敏感になり、使ってた化粧水が合わなくなり肌ピリピリと痛み出す。  (などなど)

20代の女性は、乳房のはり、下腹部痛や頭痛など、カラダの症状が強く出る傾向にあり、30代になると、20代の症状に加えて、精神的に不安定になる、攻撃的になる

一般的に出産経験のある女性の方が、イライラする、怒りっぽくなる、自己否定的になるなど精神的な症状が多く、出産経験のない女性は、下腹部痛、乳房のはり、頭痛などの身体的な症状が多くみられます。

20歳を過ぎる頃から新陳代謝の働きが衰え始め、肌の柔軟性が失われていきます。特に、真皮を支える役割を果たすコラーゲンとエラスチンが緩んでしまうのがたるみの主な原因

2回目の変化:24~26歳ごろ
10代から続くゆるやかな体型の変化は、24~26歳ころに完成を迎えます。このポイントを境に、今度は徐々に皮下脂肪がついていく時期を迎えます。

25歳前に読んでおきたい。衝撃の「驚愕事実が…」

「25歳はお肌の曲がり角」といわれるように、個人差はありますが20歳代半ばから肌の老化は加速度的に進行します。

筋力が低下し始める年齢は一般的に25歳~30歳ぐらいと言われていますが、普段から運動不足の人などは、25歳前に筋力低下が始まる事も珍しくありません。

老化のトラブルは、目尻のシワ、たるみ、肌のくすみ、目立ち始める毛穴など、人それぞれ。でもやはり20~30代のうちから

20代後半から「自分の為」に綺麗でいたい!

女性なら誰でも「美しく」いつづけたいですよね。

20代後半から始まり始める「カラダのサイン」を見逃さずに、

「20代からどんどん綺麗になってゆく女性」と「老いていく女性」の違いをまとめました。

睡眠が不足すると、エストロゲンの分泌が低下します。エストロゲンは肌のハリやツヤを作る役割を持つので、睡眠不足が続くとメークのノリが悪くなったりします。

さらに、ホルモンが多く放出される睡眠があるんです♡

特におすすめなのが、イソフラボン。女性ホルモンに似た働きをもつので、ホルモンの乱れを感じたら、イソフラボンが豊富に含まれる大豆を食べるのがいい

肩甲骨の周りを動かすことは、背中の筋肉を鍛えるよりも簡単に血行を良くし、老廃物や脂肪を溜め込まない代謝の良いからだ作りにつながります。

ストレッチは筋肉のコリをほぐして血流を良くし、老廃物を流して疲労回復を促します。また、運動と同様に体力や筋力をつける効果もあるため疲労への免疫をつけることもできます。

①綺麗になっていく女性は、毎日「ストレッチ」をしている!

目に見えて「他人」でも20代後半に差し掛かるに当たり、「老い」を感じるでしょ?それ、アナタのカラダでも起きている

こちらのサイト記事では、20代後半から感じる「老い」を目に見えて体感して頂けると思います。

1 2





私の様な【健康・美容・ファッション・お洒落マニア】に是非、贈りたい「楽しく」「学べる」[面白い!!」特集 記事を更新中。

【~女性がまとめて読みたい!「美」が詰まったブログ・運営サイトからどうぞ♥】