1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

死者は22人を超える…米大型ハリケーン「ハービー」による被害が深刻

米南部テキサス州を直撃した大型ハリケーン「ハービー」による被害が拡大している。米メディアによると死者は20人を超えた。

更新日: 2017年08月30日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 24554 view
お気に入り追加

○テキサス州を直撃した大型ハリケーン「ハービー」

米南部テキサス州を直撃した大型ハリケーン「ハービー」による被害が拡大している。

米南部テキサス州を見舞ったハリケーン「ハービー」は、熱帯低気圧に変わった後もメキシコ湾沿岸に停滞

記録的な豪雨を大都市ヒューストンにもたらし、大規模な洪水で都市機能をまひさせた。

○死者は22人を超えた

熱帯低気圧に変わったハービーは再び勢力を強め、30日午前にも再上陸する見込み。被害拡大への懸念が強まっている。

雨は今週いっぱい続く見通しで、被害の拡大が懸念されています。

ワシントン・ポスト紙(電子版)によると29日現在の死者数は少なくとも22人となった。

○被災者は3万人を超える見通し

大規模な洪水となっているテキサス州では、家を失うなどして、避難している人が1万7000人以上にのぼっています。

テキサス州内の2つの気象台ではこれまでの降水量が48インチ(約122センチ)を超えた。現地では29日も断続的に雨が降った。

連邦緊急事態管理庁(FEMA)によると、この災害で避難場所を必要とする被災者は3万人を超える見通しだという。

○トランプ米大統領も現地を訪れた

トランプ米大統領は29日、大型ハリケーン「ハービー」が直撃した南部テキサス州の被害状況を把握するため、現地を訪れた。

避難状況などの説明を受けた後、集まった住民に「支援のためにここに来た」と語った。

大統領は就任後初となる大規模な自然災害の発生を受け、危機下の指導力が試されている。

○1万7000人以上の住民らが避難生活を続けている

米南部テキサス州を直撃したハリケーン「ハービー」による記録的な豪雨で、周辺人口500万を超える大都市ヒューストンの周辺各所で大規模な洪水が発生している。

ヒューストン周辺では、45の避難施設が設けられていて、このうち最大の施設には定員の2倍近くの9000人余りが避難しているということです。

○このニュースはネットでも話題になっています

私もアメリカに住んでたらヒューストンに寄付したりしたかった( ; ; )

ヒューストン出身の友人と連絡取れた。家族はみんな無事。娘が洪水被害に遭ったけど、ホテルに避難できて車が使い物ならなくなった程度で済んだとの事でちょっとホッとしてる。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。