1. まとめトップ

北さらなるミサイル発射を予告「次はグアム」行方が計り知れない

北朝鮮から発射されたミサイルが日本上空を通過する事態から一夜明け…各方面で様々な動きが明らかに今後の行方が気になります。

更新日: 2017年08月30日

0 お気に入り 5043 view
お気に入り追加

日本中を震撼させた北海道上空を通過させた弾道ミサイル問題

8月29日早朝、北朝鮮が日本の上空を通過する弾道ミサイルを発射した。午前5時58分ごろ、平壌市順安(スナン)一帯から北東方向に発射されたミサイル

6時12分ごろに襟裳(えりも)岬の東約1180kmの太平洋上に落下した。飛行距離は約2700km、最大速度は約550km、飛行時間は約14分だった。

「北朝鮮西岸からミサイルが東北地方の方向に発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい」とする警報を発した。

被害等は報告されていませんが、由々しき事態であり、多くの国民が不安と脅威を感じたことと思います。

「これまでにない重大で深刻な脅威であるから、北朝鮮に対し圧力を更に強めていくということで日米は完全に一致した。日米韓で協力し、中国、ロシア、国際社会に働きかけを行いながら、北朝鮮に強い圧力をかけ、彼らの政策を変えなければならない」と述べた。

■一連のミサイル発射に北朝鮮メディアからも報道

日本上空を通過した中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」の発射実験について、「太平洋における軍事作戦の第1歩であり、グアム封じ込めに向けた有意義な序章」だったと伝えた。

107年前の韓日合併(日韓併合)という条約が公布された血の8月29日に、積もりに積もった恨みを晴らしてくれた

朝鮮中央放送

・金正恩党委員長からは、狙いも明言された

「日本人を驚がくさせる大胆な作戦計画を立てた」とも主張しています。

ミサイル発射実験は「グアム島をけん制する前奏曲となる」とし「アメリカの行動を引き続き注視する」

■このミサイル問題のもう一人のキーマン…トランプ米大統領

北朝鮮によるミサイル発射について、隣国や国連に対する「侮辱」を意味するもので、国際社会での孤立を深めるだけだと批判

「北朝鮮が発したメッセージを世界中ははっきりと聞き取った。北朝鮮は近隣諸国、およびすべての国際連合加盟国を侮辱し、容認できる最低限の国際的な挙動を軽視した」と指摘。

「すべての選択肢はテーブルの上にある」とする声明を出し、軍事的な選択肢も排除しない姿勢を強調し、北朝鮮を強くけん制しました。

対応を誤れば政権の足元を揺るがしかねないとされていて、まずは災害対応に集中せざるを得ない状況。

■今回の騒動にネットニュースから憶測や狙いなどが

「米韓の合同軍事演習への対抗措置だ」、「グアム島をけん制する意味深長な前奏曲となる」などと述べ、アメリカを強く非難するとともにけん制

北朝鮮は脅威に感じている米韓合同軍事演習を何とかやめさせたい。

実戦配備に不可欠な、通常軌道で大気圏に再突入する技術の獲得を狙った可能性もある。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。