1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

無痛分娩の女性死亡事故、男児も死亡…「無痛分娩」に色々な声が出ている

神戸市西区の産婦人科医院「おかざきマタニティクリニック」で2015年9月、麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩」で長男を出産した女性に重い障害が残り、その後死亡した事故で、意識不明となっていた長男も今月15日に死亡していたことが30日、遺族の代理人弁護士への取材で分かった。1歳11カ月だった。

更新日: 2017年08月30日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 101704 view
お気に入り追加

○無痛分娩巡る事故で重い障害、男児も死亡

神戸市西区の産婦人科医院「おかざきマタニティクリニック」で2015年9月、麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩」で長男を出産した女性に重い障害が残り、その後死亡した事故

女性が今年5月に死亡した事故で、男児も今月15日に死亡した。1歳11カ月だった。

意識不明となっていた長男も今月15日に死亡していたことが30日、遺族の代理人弁護士への取材で分かった。

○麻酔を受けた直後に体調が急変

遺族によると、女性は神戸市西区の「おかざきマタニティクリニック」で無痛分娩のための麻酔を受けた直後に体調が急変。

男性院長が背中から脊髄近くに細い管を入れ麻酔薬を注入して無痛分娩に臨んだが、院長が外来診察のため女性のそばを離れた後、呼吸困難になった。

○男性院長が麻酔注入直後に離れた過失を認め、示談金を支払った

女性は大学病院に搬送され帝王切開で出産したが、母子ともに寝たきりの状態が続き、女性は今年5月に35歳で死亡した。

クリニックは昨年12月、男性院長が麻酔注入直後に離れた過失を認め、示談金を支払った。

○死亡した長男は肺炎を起こすなど重篤な状態が続いていた

弁護士によると、長男は出産直後から脳に障害を負い、肺炎を患うなど重篤な状態が続いていたという。

遺族によると、母親の死亡後も男児は別の病院に入院していたが、脳障害が深刻で、肺炎を起こすなど重篤な状態が続いていた。

○「無痛分娩」とは

「無痛分娩」は麻酔によってお産の痛みをなくして、分娩をおこなう方法です。

2007年度に行われた調査の結果、日本全国の硬膜外無痛分娩率は全分娩の2.6%でした。

痛みを軽くする「和痛分娩」は、多少の痛みがありますが、「無痛分娩」は麻酔でコントロールして痛くないお産ができます。

○無痛分娩時の死亡や後遺症の事故が相次いで発覚

今年に入ってから、無痛分娩時の麻酔が原因とされる妊婦の痛ましい死亡や後遺症の事故が相次いで発覚しています。

無痛分娩における重い合併症は比較的稀であるとも言われています。しかし、他の様々な医療行為と同じく、無痛分娩のリスクもゼロではありません。

研究班の初会合では、2010年以降に死亡した妊産婦271人のうち、5%に当たる14人が無痛分娩だった、と報告された。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。