1. まとめトップ

【自分スタイル】目指す仕事とやりたい仕事 転職を考える時

自分スタイルで仕事をしたい。バイトや人材派遣で働くことで自分のやりたい仕事が見つかるとよいと思います。日本人の寿命はのび、働く年も年々遅くなっています。自分が目指す仕事に転職するには、若い力でぐいぐい29歳をめどにするか30歳をめどにするか難しいところです。仕事を考えるをまとめてみました。

更新日: 2017年09月10日

madzzzさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 853 view
お気に入り追加

新卒・就職の年齢

近年、大学へ進学する人が増え、短大や専門学校で2年、又は3年。大学へ行けば最低4年、専門課程へ進めば5年。大学院に行けばさらに・・・・・いつになったら、就職をするのでしょうか。昔は22歳といえば、年代としてほとんどが就職をしましたが、現在幅が広がっています。

優遇される序列
・新卒(0から育てる若者、安上がり
・キャリア転職者(即戦力で教える時間と資金が不要
・第二新卒(就職はしたが、運悪く失敗した可能性ある者の救済
これだけです。「無職、未経験、卒業者(既卒)」は滅多に採用されません。新卒時に入れる会社を選ばずに対策も練らないで卒業した結果なのですから、然るべき制裁を受けても文句は言えないはずです。大抵の役員は「怠け者」のように捕らえていました

20代のうちから正社員を目指して早めにいい意味の転職をするのが良いでしょう。正社員と非正社員とでは年齢を重ねる毎に収入面で差が出てきます。データがそれを示しています。

『第6表 雇用形態、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び雇用形態間賃金格差』によると、20~24歳の正社員・正職員の賃金は208.0(千円)。対しそれ以外は182.2(千円)となっています。つまり正社員だと大体20万円くらい、非正規雇用は18万円くらいの賃金をもらっている、といったところです。

29歳は挑戦のラストチャンス?

正規雇用者と非正規雇用者とでは月収にどんどん差が出ます。

転職を受け入れる企業は、募集をおこなうときに職務経験や資格などの条件を設定するのと同じように年齢についても範囲を決めて募集するのが一般的です。「少し社会人経験を積んだ人材が欲しい」と思えば、年齢の範囲としては””20代後半”のようになるのは頷けるのではないでしょうか。

29歳で転職する人が多い理由とは?

社会人としての年数にも開きがあり、即戦力となる人、土台が出来ていて今後の成長が見込める人のようにいろいろなタイプの人がいるわけです。受け入れる企業としてもそれは分かっているわけですから、どちらの募集もあるということです。

30歳を迎えて今後を見据えた転職

新卒で就職し30歳まで数年。やってきた仕事が自分の得意なこと、そつなくこなせるから社会人として適当に過ごしてきた。そんな人もいるでしょう。
30歳になり、今後のことを考えてみる。男性も女性も生活が変わる世代となってきます。
家庭を持つ人、またキャリアを積みたい人、と分かれてくることでしょう。

年収や生活リズムについて再チャレンジする節目となることが多くあります。
ここから先は、変わることなく仕事を続けられるとよいですね。

転職したい:::企業ランキング

1位 トヨタ自動車

2位 グーグル

3位 ソニー

4位 ANA

5位 パナソニック

人材派遣から会社雇用への体制

2015年9月から「改正労働者派遣法」が施行され専門職は派遣期間が定められていませんでした。しかし、今回の改正ではそのルールが変わり、専門26業務をふくむすべての業務で派遣期間が3年間になりました。ただし、労働組合の意見を聞けば、3年後も繰り返し派遣期間を延長できます。
つまり、企業はひとつの業務をずっと派遣社員に任せることができるようになったわけです。その結果、現状では正社員をめざす派遣社員が多いにもかかわらず、今回の法改正で派遣労働が広がり、正社員への道が狭まるのではないかという心配の声があがっています。

ただし、派遣法の改正により、派遣元に雇用安定措置が義務化されるなど、安定雇用に対する意識はあるようです。

自分で見つけるやりがい! 上司から与えれる仕事!

就職したら・・・考え方が変わった

1年目はまずは、とにかく仕事というものはどういうものなのかをじっくり考える。
2年目は自分の仕事を確実に覚え、こなすと同時に自主的な作業を見いだす。
3年目、新しく入社した新人に教えながら自分を成長させていく
4年目・・・・・・・・・・・・・
とだんだん変わっていくであろう。今までの社会人としての流れ

しかし、現在は実力のあるものがどんどん上がっていく。
別に、プライベートを充実させるための仕事であり、言われたことだけをそつなく終わらせる。若者。そんな世相になってきている。
自分の夢は何だろう??やりたいこと、得意なことはこの仕事だったのか?
それを考えられるだけすばらしい人になったと言うことでしょう。

29歳の時点では、社会人としての年数にも開きがあり、即戦力となる人、土台が出来ていて今後の成長が見込める人のようにいろいろなタイプの人がいるわけ

■就職に有利な資格を取得しよう。

1 2





madzzzさん

季節を感じる、今を感じる情報をまとめていきたいと思います。