1. まとめトップ

Win10 Fall Creators Update(バージョン1709・RS3)の新機能まとめ

2017年10月に提供されるWindows 10の大型アップデート、Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709・RS3)の内容とは? Fall Creators UpdateでWindows10に追加される新機能をご紹介します。

更新日: 2017年10月03日

Wara.comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 19695 view
お気に入り追加

▼2017年10月に、Windows 10の大型アップデート「Fall Creators Update」がリリース

2017年10月にWindows10の大型アップデートFall Creators Update(バージョン1709・コードネーム:Redstone 3)がリリースされます。

Fall Creators Updateでは、OSの基本的なデザインがFluentデザインと呼ばれる新しいものに変わるほか、様々な機能強化もなされています。具体的にFall Creators Updateでは、どのような新機能が追加されるのでしょうか。以下で見ていきましょう。

▼OSのデザインに「Fluentデザイン」が取り入れられる

「Fluentデザイン」とはマイクロソフトが新しく提唱しているデザイン体系のことです。これまでのフラットデザインとは異なり、物体の動きや奥行きを意識させるデザインとなっています。
スタートボタンの背景や各種アプリの背景が、すりガラスのように透過しています。

MicrosoftによるFluentデザインのコンセプト動画

▼新しい教科書体フォントが追加される

学習指導要領に準拠し、書き方の方向や点・ハライの形状を保ちながらも、太さの強弱を抑え、ロービジョン(弱視)、ディスレクシア(読み書き障害)に配慮したデザイン

15人の弱視者一人ひとりについて、国語と社会の教科書を用いて評価を行った結果、いずれの教科でも「UDデジタル教科書体」が最も見やすい書体であることがわかりました。

UDデジタル教科書体は、Windows 10 Fall Creators Updateにアップデートした方なら誰でも無償で使えるようになります。

▼フル機能のWindows10がARMプロセッサで動くように

ARM版Windows 10では、現在PC用として提供されているWindows 10と同等の機能を持つ「フルバージョン」になる。

ストアアプリしか動作しなかった「Windows RT」とは異なり、従来のデスクトップアプリ(x86向けアプリ)も動作します。

ARM版Windowsには、x86のデスクトップアプリケーションをARM CPUでも実行できるようにするエミュレータが搭載されており、x86の命令をARMに変換しながら実行する仕組みが用意されている。

ARM版Windows 10は、OSの内部コード、エクスプローラー、WebブラウザのEdgeなどは、ARMネイティブコードで書かれている。このためARM版のWindows OSは、ARMのネイティブコードで動作する(エミュレーションでないため、高いパフォーマンスで動作する)。

ARM版Windows 10は、なによりも低消費電力で高い性能を持つARMプロセッサと、各国キャリアの認証を取得しているQualcommの通信チップを使うことで、全世界どこに行っても通信しながら、バッテリーで長時間動作するPCやタブレットが手に入ることが強み。

Windows10がスマートフォンと同じCPUで動作するようになります。CPUは、PC用のCPU(x86 CPU)とスマホ用のCPU(ARM CPU)に分かれており、これまでは原則として、スマホ用のARM CPUでPCを動かすことはできませんでした。

しかしFall Creators Update以降のWindows10は、このARM CPUでも動作するようになります。PC用のx86 CPUで動くように設計されたアプリケーションを、ARM CPUで動くように変換することで、Windows10のARMでの動作を実現しています。

スマホと同じCPUを採用することにより省電力性を実現しています。スリープ状態での電池消費が大幅に減ることが期待できます。また、ARM CPUはLTEの常時接続にも適しており、スマホのように常時モバイル回線に接続できるPCが増えるかもしれません。またARM CPUは、省スペース性にも優れているため、これまで以上に薄型・軽量のPCを作ることも可能になります。

ARM CPUで動くWindows10の動作の様子。アプリの起動などが非常にスムーズです。

▼目線によるマウス・キーボード操作が可能に

1 2 3 4 5 6





Wara.comさん