1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ミサイル問題に新たな動き‥米「ミサイル迎撃」実験成功と発表

北朝鮮がミサイルの発射を繰り返す中、アメリカ国防総省が弾道ミサイルを撃ち落とす迎撃実験に成功した報道

更新日: 2017年08月31日

6 お気に入り 42397 view
お気に入り追加

北朝鮮からのミサイルが日本上空を通過し新たに分かったこと

「日本が慌てふためく大胆な作戦を練った」 北朝鮮が金正恩氏の「火星12」発射視察を公式報道 sankei.com/world/news/170… #北朝鮮ミサイル #ミサイル発射 pic.twitter.com/HS79eANnz6

金委員長は、31日まで続く米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」への「対応措置の序幕にすぎない」と述べ、トランプ米政権への対決姿勢を鮮明にした。

【火星12型】ミサイル発射の映像、北朝鮮国営テレビが公開 news.livedoor.com/article/detail… 金正恩委員長は「今後も太平洋を目標にして発射訓練を多く行う」と述べ、日本上空を通過する発射を繰り返す可能性を示唆した。 pic.twitter.com/IZEef0IZOl

発射は「グアムをけん制する前奏曲」とし、アメリカをけん制した上で「アメリカの言動を続けて注視し今後の行動を決める」と述べている。

・これを受け日本および関係国に新たな動き

隣国や国連に対する「侮辱」を意味するもので、国際社会での孤立を深めるだけだと批判

安倍首相がトランプ米大統領と2日連続の電話会談 「完全に一致」  対北朝鮮へのさらなる圧力必要との認識 sankei.com/politics/news/… pic.twitter.com/G8PhZroV9e

30日深夜、トランプ米大統領と電話で約30分間会談し、弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮にさらなる圧力が必要との認識で一致した。

・初来日したメイ首相と連携強化

「これまでにない深刻かつ重大な脅威で、断じて容認できない」として、圧力を強化していく方針で一致した。

両首脳は、会談終了後安全保障分野と経済関係の協力強化に向けた共同宣言を発表することにしています。

■しかし、北朝鮮は臆することなく…さらなるミサイル発射を予告

「太平洋における軍事作戦の第1歩であり、グアム封じ込めに向けた有意義な序章」だったと伝えた。

朝鮮中央通信はさらに、「太平洋を今後の標的として、さらなる弾道ロケット発射演習を実施する」と予告している。

・ミサイル発射予告を受け、飛行中のミサイル迎撃が気になります。

マティス米国防長官は既に、米国または同盟国の領有区域に対して危険とみなされるミサイルは迎撃すると表明している。

北朝鮮の拡大するミサイル能力を米軍が防衛できるとの見方に、懐疑的な声もある。

■そうした中、米国防総省ミサイル迎撃実験成功と発表

米国防総省ミサイル防衛局は30日、米海軍のイージス駆逐艦に搭載した艦対空ミサイルSM6による迎撃実験をハワイ沖で実施

中距離弾道ミサイルを模した標的の撃墜に成功したと発表した。

ミサイル防衛局のグリーブス局長は声明で「実験は、弾道ミサイルを終末段階で迎撃する能力を向上させる」と強調

・国防総省ミサイル防衛局によりますと、

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。