1. まとめトップ

新型iPhoneとともにベールを脱ぐAppleParkが凄い!

前CEOである故スティーブ・ジョブズ氏により、創造性と協業の中心として着工されたApple Park(アップルパーク)がiPhone8(iPhoneX)とともに遂にベールを脱ぐ。ジョブズの最後の作品とも呼べるアップルの新社屋の美しさと機能性が凄い!

更新日: 2017年09月13日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2258 view
お気に入り追加

▼Appleの新たな拠点・AppleParkがいよいよこけら落とし

カリフォルニア州のサンタクララに置かれるApple Parkには、1万2000人のスタッフが半年以上かけて移動することになります。

・ジョブズの最後の作品とも呼ばれるAppleParkに込められた想い

CEOのティム・クックは「彼は、Apple Parkを今後何世代にもわたってイノベーションの拠点とすることを企図していた」とコメントしています。

「スティーブは、アップルパークをこれからの世代にとってイノベーションの原点にしようと考えていた。アップルに対するスティーブのビジョンは死後もずっと私たちとともにある」。同社のティム・クックCEOはアップルパークの概要を明らかにした今年2月、こうした内容のコメントを発表した。

Apple Park内には、Apple Storeや一般にも開放されるカフェを併設したビジターセンターや、10万平方フィート規模のApple社員向けフィットネスセンター、セキュリティで管理された研究開発施設、そしてSteve Jobs Theaterがあります。新キャンパスのリング内側の緑地部分には、社員用として各2マイルの長さにおよぶウォーキングおよびランニングコース、果樹園、草地、人工池も設けられています。

▼iPhone8(iPhoneX)が発表されるのは「スティーブ・ジョブズ・シアター」

新型iPhoneの発表会が行なわれる「スティーブ・ジョブズ・シアター」外観の最新映像 bit.ly/2xNmri8 pic.twitter.com/b7GoLArn1A

まずシルバーの円盤型プレートの屋根をもち、高さ約6mのガラスで囲まれたこの地上のスペースは、地下の会場に繋がるエントランスとなっているようです。そしてこのエントランスにAppleらしい演出が隠されているそうで、フラットなエントランスの下からなんとデモスペースが出現するそうなんです。

入場する際はフラットなエントランスで、iPhone 8の発表をシアター見て退場するときには、エントランスがiPhone 8のデモスペースに変わるそうです。

また地下のシアターへは螺旋階段と2つの回転式エレベーターを使って降りることになります。この回転式エレベーターもなかなか面白く、一般的な大きな建物のエレベーターには扉が前後についてるのに対し、このエレベーターには扉が1つしかついていないのです。その代わりに、エレベーター本体が上下移動中に回転し、1つの扉から乗客が乗り降りできる仕組みになっているようです。

シアターの地上部分についても、周囲が全面ガラス張りで、ひさしを兼ねた屋根のある地上20フィート(約6メートル)の位置に、建物自体がまるで浮いているように見えるという。地下のオーデトリアムには階段でも降りられ、階段室は円形の壁に沿って配置される。それに加え、ゴージャスなのがシアター観客席の革製シート。ブルームバーグでは3月にエンジニアに聞いた話として、シート一つ当たり1万4000ドルものコストがかかっていると報じている。

▼一般人でも入れる「ビジターセンター」では物販も

室内に置かれたテーブルは、直営店Apple Storeと同じもので、壁にはアクセサリー類を展示する棚が設置されています。現在のApple Campus内の店舗と同様、本社内店舗限定のTシャツやマグカップなどのグッズ類が販売されると考えられます。

Apple新社屋と周辺の建物(のエントランス)、そしてビジターセンター。奥にApple Parkの模型が見えます pic.twitter.com/XJbZc5heUX

すでに今年4月からは従業員向けにオープンしていたApple Parkですが、いつごろ従業員の新本社への引っ越しが終わるのか、そしてこのビジターセンターなどが一般向けに開放されるのかは不明です。

ビジターセンターにはカフェも併設され、屋外のテラス席で飲食を楽しむことができます。先日は、ビジターセンター内のカフェで勤務する管理職や、最高のエスプレッソを淹れられるバリスタの求人も出されていました。

▼建物だけじゃなく、デザインにこだわりを感じるものがあふれています

そしてアップル新本社、街灯、セキュリティゲートなどのデザインもかっこいいし何よりもバス停がかっこいい。建物の中に置いてある家具も… #ApplePark pic.twitter.com/rrbThYfzLt

敷地内には小ぶりな樹木も含めた植栽工事が進んでいます。Appleがカリフォルニア中の植木を買ったと言われるほど、完成時には緑に包まれることになる本社が、仕上げの段階に入りつつあることを感じさせます。

▼いよいよ発表される新型iPhoneにTwitterがザワついていた

1 2





nyokikeさん

このまとめが誰かの何かに役立ちますように…。