1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

10月公開の映画をチェック。オススメの作品を紹介。

個人的にfateが楽しみですが、どれも面白そうです。

更新日: 2017年08月31日

nomado-kimocさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 14767 view
お気に入り追加

エルネスト

日本・キューバ合作映画『エルネスト』が、2017年10月6日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国の劇場にて公開される。

日本とキューバの合作となる本作は、キューバの革命家チェ・ゲバラのゲリラ隊に参加し、彼から“エルネスト”と名付けられた実在の日系人フレディ前村を主人公にした物語。

人々のために医者になることを決意し、医学校に通っていた前村が、ゲバラと出会い革命に命を捧げていく姿を描出する。

本作を手がけるのは、『亡国のイージス』(2005年)や『北のカナリアたち』(2012年)などで知られる阪本順治。主演のオダギリジョーとは3度目のタッグとなる本作で、初めて実在する人物を題材にした長編映画に挑戦する。

ゲバラには少し興味あるから、この映画も気になるな。 >映画『エルネスト』予告篇(60秒) youtu.be/BFJ8HGRD5xI

10月公開の映画エルネストの予告編より。 ゲバラがパイプ吸ってる! このシーンが見たいから観にいくことにするわ。 pic.twitter.com/YAwZP91Iuv

バッド・ウェイヴ

本作は、ブルース・ウィリスが『REDリターンズ』以来4年ぶりの単独主演を務めるアクションエンターテイメント。トラブルの連鎖に巻き込まれる“世界一ついてない”探偵スティーブがギャングの抗争に巻き込まれていく姿を描く。

監督は「コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら」の脚本と製作総指揮を担当したマーク・カレン。音楽を「ガンズ・アンド・ギャンブラー」のジェフ・カルドーニ、撮影を「ピクセル」のアミール・モクリが務める。

「バッド・ウェイヴ」 10月7日全国ロードショー #ブルース・ウィリス が4年ぶりの 単独主演を務める アクションエンターテイメント #ジョン・グッドマン #ジェイソン・モモア bad-wave-movie.com pic.twitter.com/1m4TjOde5N

Fate/stay night[Heaven's Feel]

今回アニメ映画化される「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」では、これまで映像化されることのなかった3つ目のストーリー「桜ルート」が全三章で描かれる。

アニメーション制作をufotableが手掛け、監督はテレビアニメ「Fate」シリーズのほか『劇場版 空の境界』シリーズなどに携わってきた須藤友徳が担当。

そういえばヘブンズフィールの映画まだかな あれこそFateの最高作だと思ってるからすごく楽しみ

女神の見えざる手

「女神の見えざる手」は、10月20日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

1 2





nomado-kimocさん