1. まとめトップ
19 お気に入り 21015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

minervareoさん

■仕事ができない人には特徴がある

できる人には更に仕事が与えられ、できない人は結果的に半分量の仕事しか与えられない。 それを格差と言われるとこちらとしても困る。 逆に頑張ってる中年を昇進させた場合、どうなったかというとある種の暴動が起こって人事考課をやり直すはめになった。 との事らしいです。

ええー。やっぱずるいってー。仕事出来ないやつが優先的に異動っておかしくない??? 確かに仕事できない人がいたら困るけどさあー。ねえー???

仕事ができない原因は人それぞれ!

新入社員でもベテラン社員でも、「自分って仕事ができないなぁ」と感じる瞬間は必ずあります。大事なのは「仕事ができないけどいいか」で終わらせるのか、「仕事ができないから改善したい」と思えるのかどうかです。現状を本気で変えたいと思っているのであれば、一つ一つの悩みの原因を解決しましょう。

▼特徴1 ネガティブ・言い訳

第1位は「でも…」。話すたびに「でも」と言われると周囲の雰囲気が悪くなるのは当然。「言い訳」や「ネガティブ発言」をする人ほど仕事ができないという意見は、以前からありますよね。 第2位は「チッ」。舌打ちを肯定的に捉える人はまずいません。ほとんどの人が不愉快な気分になります。社会人としてのマナー以前の問題なので、ついついやってしまう人は要注意です。 第3位は「はぁ」というため息。仕事がたくさんあって「疲れた感」をアピールするようなため息。周りからすると「ため息をつく暇があるなら仕事しろ」と思われても仕方ありません。「ため息をするたびに幸せが逃げていく」とはまさしくこのことです。

■改善方法

口癖は無意識に出てしまうものなので、日ごろから意識して注意しておく必要があります。一度でも相手に言ってしまえばアウト!職場の人間関係を崩す原因にもなりかねないため、絶対に封印するくらいの覚悟が必要になるでしょう。

▼特徴2 スケジュール管理ができない

スケジュール管理できない人も仕事はできません。時間の管理は社会人として常識です。学生気分がいつまでも抜けきれない新人ならまだしも、社会人として経験を積んできたベテラン社員でも常習的に遅刻をする人もいます。
自分の仕事の量を測りきれずだらだらと残業している人も仕事ができないと言えます。スケジュール管理ができずに約束したことも守らないのでは誰からも信頼されなくなるでしょう。

■改善方法

スケジュール帳を購入して時間単位で計画を立てましょう。自分をシビアに律することで仕事ができる人へ変わることができます。約束事を忘れることもないので信頼関係を失うこともないでしょう。

▼特徴3 切り替えができない・ミスを引きずる

仕事のミスをいつまでも引きずっている人がいます。会社の利益を上げるのが仕事です。いつまでもミスを引きずっていては成果を上げることはできないでしょう。

社会人に「仕事ができない人の特徴とは?」と聞いたとき、3割以上が一番に回答する内容です。仕事が遅いと、それだけでデキないやつという烙印を押されてしまいます。 そして、一度だらだらする癖がつくと、その負のスパイラルからはなかなか抜けられないのが現実。

■改善方法

どんなに優秀な人でもミスはします。一言謝罪し、会社に貢献することでミスを挽回しましょう。ミスをすることでストレス耐性も身につきます。ミスをすることで自分が一回り成長できる!と思える強い心を持ちましょう。

▼特徴4 責任感がなく他人のせいにする

責任感がない社会人=仕事できないダメ社員と考える人は多いです。しかし、当の本人が「責任感を持った方がいいのは分かっているけど、なぜかできない…」と悩んでいる場合もあります。頑張りたいのに頑張れない。なぜでしょうか?それは当事者意識が足りないからです。目の前の仕事を自分事として考えられない人は、ミスをしても誰かのせいにするケースが多いです。

■改善方法

否が応でも責任感を持つには、自分の逃げ道をなくすのが一番。上司に給料交渉をしてみる事をおすすめします。恐る恐るではなく、強気で話してみましょう。上司は「そこまで言うんだったら、まずはしっかり結果を出してくれ」と答えるはずです。 スポーツの世界でも、ビッグマウスで自分を奮い立たせる選手は多くいますよね。それは一般社会のビジネスシーンでも使えるテクニックです。自分に対して責任を負えば、ミスに対してシビアになれるはずです。

▼特徴5 報連相ができない

新人研修では毎年のように「報連相(報告・連絡・相談)はちゃんとしなさい」と指導されているのに、実務に入るとなかなか徹底しきれないもの。 こまめに相談していたら、「自分で考えろ」「忙しいんだ、邪魔するな」と怒られてしまったという経験をお持ちの方も一人や二人ではないでしょう。直接文句を言われたことがなくても、気を遣い過ぎる性格の人は報連相をするのが億劫になってしまうようです。しかし、どんな理由があっても報連相を怠るのはNG!報連相は社会人の基本中の基本だからです。

■改善方法

1 2