1. まとめトップ

首都圏で楽しめる夏の風物詩流しそうめんスポット☆

日本の夏の風物詩と言えば、流しそうめん!割った青竹で流れを作り、水と一緒にそうめんを流して食べる。そんな楽しみながら涼をとれる楽しいお食事です。

更新日: 2017年08月31日

1 お気に入り 222 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

流しそうめんとは

『流しそうめん』とは、竹樋にそうめんを流し食する、そうめんの食べ方である。
鹿児島など一部の地域では「そうめん流し」と呼ばれるが、この呼び方はとくに「回転式そうめん流し」のことを指す場合が多い。

宮崎県の高千穂峡が発祥の地とされている。野良仕事の合間に青竹と岩清水を使いそうめんを食していたのが始まりと言われており、昭和34年に商業ベースに乗せてアピールされ、夏の風物詩として全国から注目を集めた。

長生館(長瀞)

埼玉県秩父郡にある長瀞の長生館、人気のお宿で、夏季限定で流しそうめんが楽しめます。

夏休み期間は毎日、その前後数か月も土日に楽しむことができます。

鮒宿 (調布)

岩保流しそうめん店(栃木)

ボンゴ ヴィラ (八千代緑が丘)

1