1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

W杯出場決定!…スーパーゴールを決めた「井手口陽介」とは?

ガンバ大阪期待の井手口陽介がスーパーゴールを決め貴重な追加点を上げオーストラリア戦に勝利しました。振り返ってみると強かった日本代表の6大会連続6回目のW杯進出おめでとうございます!

更新日: 2017年09月01日

12 お気に入り 103583 view
お気に入り追加

・サッカー日本代表、6大会連続、6回目のワールドカップ出場を決める

サッカーの日本代表が31日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を決めた。

2対0で勝ち、6大会連続、6回目のワールドカップ出場を決めました。

日本がワールドカップ予選でオーストラリアに勝利するのは8回目の対戦で今回が初めて

・おめでとうございます!

サッカー日本代表W杯出場おめでとうございます⚽️ 東京五輪の時には全ての競技会場がこんな風に満席になって盛り上がってほしい pic.twitter.com/KVqDr56lAG

素晴らしい勝利でした⚽️ 出場が決まる瞬間はいつだって素晴らしいですね 日本代表おめでとう‼︎

日本代表、W杯出場決定おめでとう 浅野拓磨選手、ナイスゴール⚽ ありがとうジャガー

▼海外のクラブチームからも祝福の声

㊗️ 日本代表のみなさん、そしてファンのみなさん、おめでとうございます! https://t.co/EXFfE7eR7M

・序盤から押せ押せの試合展開だった

日本は、ケガから復帰したばかりの本田圭佑選手や香川真司選手を温存

スピードのある浅野選手と乾選手が両サイド、さらに21歳の井手口選手がスタメンに名を連ねます。

日本は、前線から激しくプレッシャーをかけてオーストラリアからボールを奪い、繰り返しゴールに迫るなど主導権

36分には長友選手のクロスに浅野選手がヘディングシュート。これは惜しくも枠の外。

そして前半41分、左サイドで長友佑都選手が上げたクロスボールに浅野選手が左足で直接合わせてゴールを決め先制

「空中のボールもゆっくり見えていましたし、前で大迫(勇也)さんが潰れた動きも見えていましたし。『ここまで誰も触らずに通ってくれたらゴールだな』って考える時間もあった」と余裕を持ってシュートまで持ち込めたという。

「今までに貢献できていなかったからこそ、最後の最後で貢献して、『もうここで決めたらヒーローだ』って自分に言い聞かして。ヒーローになるんだっていう気持ちでやった」と振り返る。

・そして後半、ひときわ輝きを放った選手がいた

後半、ピンチの日本。しかし、鉄壁のディフェンス陣が体を張って守ります。

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew