1. まとめトップ

経験者は語る…Twitter的『人生の先輩の教え』が胸に刺さる

ツイッターで見かけた人生の先輩たちの名言・至言。行き詰った時はその教訓に救われます…

更新日: 2017年09月01日

22 お気に入り 40742 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼2学期の始業式の日である9月1日に自殺をする子供が多いという

データが明らかになったのは2015年のこと。原因や動機には学業不振や家庭問題、学校や友人関係などがあり、文部科学省の担当者は「これらの問題が複合的に重なったことが考えられる」と推測する。その中でも特に深刻なのがいじめを受けている子どもたちだ。

「夏休みが終わる数日前から学校に行くか、死ぬかの選択を迫られているんです。始業式が近づくと、いじめで苦しんだ1学期のことを思い出し、恐怖感が高まっていきます。その恐怖から逃げたい、と自ら死を選ぶのです」

「LINEやツイッターなどSNSのいじめも増加しています。“学校来るな”“死ね”などの中傷はわかりやすいのですが、当事者にしかわからない内容でのからかいもあります。ネットでのいじめは、子ども本人が“いじめられている”と告白しない限り、わかりません」(前出・井澤氏)

・そんな子供たちに向けたメッセージがTwitterにあふれた

今日の9月1日は 1年で一番学生が自殺する人が 多い日なんだって 命は大切にせなあかんな

今日、9月1日は自殺する人が多いそうですね。 18歳以下の学校が始まる時期に命を断つ方が増えるそうです。 1人ではないって事 「絶対に、死なないで。生きて。」 欲しいです。

9月1日は自殺が多いから学校嫌ならサボっていいのだよって言うけど子供にも謎のプライドがあるから家に居るのも嫌なのだな、今日明日休んだって明後日は行かなくちゃって思うような子が追い詰められちゃうんだな、ちょっと休んだら次行くの、今より怖くなりそうだものねわかる〜

#8月31日の夜に 休み明けが嫌なのは大人も一緒。ずる休みする大人もいるし、一応は会社に出るが得意先を回ると言って公園で昼寝するやつもいる。 子どものあなたが大人以上に規律正しく学校に行こうとして、それが嫌すぎる余り死ぬなんて、そこまで大事なとこロじゃないよ、学校は。

「逃げてもいいんだよ」と僕は言う。けれども、みんなが同じことをするときに、自分1人だけ逃げるのには、とても強い覚悟がいる。勇気がいる。だから辛いんだよね。そう思うと、簡単に「逃げろ」と言うことをためらう。それでもやっぱり僕は「逃げていいんだよ」と言おうと思う。 #8月31日の夜に

#8月31日の夜に 学校の出席日数ってかなり休んでも大丈夫って知ってますか?中学校は義務教育なので卒業させてくれるよ。高校は一学期分くらい休んでも、課題提出等で進級させてくれるから。だからさ、今死にたいくらい辛いのに行く必要無いよ。学校休んでも人生終ったり狂ったりしないから 。

子どもたちに「死にたくなるほど行きたくないなら、学校なんか行かなくていいよ」と声をかけるのと同じくらい、保護者に「お子さんが学校に行きたくないなら、無理に行かせようとしないでください」って声をかけるの、大事だと思う。 #8月31日の夜に

▼人生の先輩たちが語った生きる術が心に染みる…

・考え方を変えると世界が変わる

自分一人の世界に閉じこもってませんか?

Q.ドンキさん、勉強または仕事という存在に、人生の半分以上縛られ続けるこの世界に生きる意味はありますか? A.縛られてる中で工夫できない人が、縛られなくなったら自由を使いきれるとは思いません。環境を非難するより自分が変わるほうが建設的かと思います。 #ドンキさん

就活中の皆様に、某人事の方からの金言をお伝えします。 「就活中の学生は失敗も多く、落ち込み、自分の価値をとにかく低く見積もりがち。そのせいで就活中に出会った人は皆輝いて見えてしまい、結果変な社会人に騙されて遊ばれるの。就活中に出会った社会人は全員クソだと思いなさい」とのことです。

元上司に言われた 忘れられない言葉 「仕事とプライベートで 同時に重要な問題が起きたら プライベートを優先しなさい 君がどれだけ優秀でも 仕事では君の代わりはいる でも、プライベートで 君の代わりになる人は、 絶対にいないのだから」 こんな事を言える会社にしたい

「大丈夫?」って聞かれると大抵の人は「大丈夫」って返ってくるから、「駄目そう?」って聞いた方がいいと見かけてから積極的に「駄目そう?」と聞くようになったら今まで大丈夫って返ってきたのが八割くらい「ちょっと駄目」と返ってくるようになりました。

・ミサイルや災害…安全に関する教訓が目からウロコ

今日は防災の日 非常食の賞味期限チェクしてみたら 期限切れがあったよ みんなも見直してみてねっ pic.twitter.com/KPv5Lw1WK0

「数分で避難できるわけない」「Jアラートなんか無意味」とか散見されます。茶化してるだけだとわかった上でそれでも念を押させて頂きますが、着弾点の真下は何しても無駄でしょうが、布団をかぶったり机の下に隠れたり倒壊物から離れたり、その4分で生死が分かれることもあります。大震災からの教訓

どこかで見かけた、60年間無事故のお爺さんに「安全運転の秘訣は?」と聞いた返事が「周りの奴らを全員キチ○イだと思って運転する事」だったという話が、今年の上半期1番の教訓になってる(´・ω・`)

関東大震災で被災した祖母は崩壊しそうな自宅から家族全員の足袋を抱えて逃げたと言っていた。 辺り一面割れたガラスと瓦が散乱していたので咄嗟の判断だったが、家族全員破傷風にならずに済んだという。 現在でも通じる教訓。

防災の日を前に。二つの震災に遭遇してしまった知り合いからのアドバイス。防災食品の中に、トマトの水煮缶詰を入れておくと案外助かるという。とにかく、野菜や果物が欲しくなる時に良いらしい。それに、開けたらすぐに食べられるというのも優れものだそうです。

・嫌なことがあった時の対処法

オカマバーの ママは言った ちょっと ショックなこと 言うけどさ あんたが どんだけ 努力しても あんたの 悪口を言う人って 必ず居るのよ それ理解しないと 悪口言われたら 自分が悪いと思って 悪口言う人の 意見ばかり 気にしちゃうわよ それってさ 逆だと思わない?

1 2