1. まとめトップ

【茨城】原田実里さん殺害事件で逮捕!ランパノ容疑者とは?顔画像・犯行動機・評判まとめ

未解決事件だった13年前の茨城大女子学生殺害事件の犯人か。フィリピン人のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)とは?顔写真・犯行動機・評判・ニュース詳細・ネットの反応まとめ。

更新日: 2018年07月26日

3 お気に入り 51240 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

game7lさん

2004年に茨城県美浦村で起きた女子大学生殺害事件 フィリピン人ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)を逮捕

茨城県美浦村で平成16年1月、茨城大農学部2年の原田実里さん=当時(21)=の遺体が見つかった事件で、県警稲敷署捜査本部は2日、強姦致死と殺人の疑いで、フィリピン国籍の工員、ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)=岐阜県瑞穂市祖父江=を逮捕した。

捜査関係者によると、ランパノ容疑者は周囲に事件への関与をほのめかす発言をしており、数年前にこの情報が県警に寄せられたことなどから、捜査線上に浮上。

事件の概要

当時21歳だった被害女性は、事件直前には自宅で知人男性と一緒にいた。その後一人で部屋を出て行方不明となっていた。翌朝遺体で発見されたが、自宅には書き置きと眼鏡、コンタクトレンズが残されていた。自転車が発見された場所は自宅からも遺体発見現場からも離れていた。

ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者と共犯の容疑者とは?犯行手口・動機・評判は?

モリ容疑者の逮捕容疑は、04年1月31日午前0時~6時半ごろの間、男2人と共謀し、同県美浦村で原田さんの首を圧迫して窒息死させるなどした疑い。

そして男は事件後に茨城の職場から姿を消しフィリピンに帰国、その後も日本とフィリピンを行き来していたことが調べでわかった。

共犯として、いずれもフィリピン国籍の33歳と31歳の男を国際手配する方針も明らかにした。2人は事件当時、少年だった。

ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者について 岐阜県での評判

逮捕されたフィリピン国籍の工員、ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)は岐阜県瑞穂市の自宅アパート周辺では「子煩悩」との評判。

勤めていた会社の上司は、「(いつからここで働いていた?)4〜5年前くらいから。けんかすることもなく、みんなと和気あいあいとやっていたので、びっくり。まさかみたいな。(怪しかったという点は?)それは全然ないですね」と話した。

ネットの反応

1 2