1. まとめトップ

【初心者向け】本気で株を学びたい人が読むべき本まとめ

株で儲けたい人、銘柄を探している人、株で長期的な資産運用、資産形成を目指している人にオススメの株式入門本まとめ。

更新日: 2017年09月10日

7 お気に入り 5038 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

soki822さん

【入門の入門】

▼世界一やさしい株の教科書1年生

株の入門書は山ほどあるが、同著の場合、徹底して損を出さない堅実な株取引手法を取り上げている。そうした意味で、少ない資産で堅実に株を始めたい人にオススメできる入門の入門書となる。

【入門】

▼たった7日で株とチャートの達人になる[改訂版]

株の基本たるテクニカル分析を学ぶ上での良書。株チャートの意味、トレンドの読み方などを初心者向けに解説しており、入門書として最適。

▼株 for Beginners チャートでわかる儲かる株

こちらもテクニカル分析を解説した1冊。先に紹介した「たった7日で株とチャートの達人になる」だけでは学びきれないチャートとテクニカル指標の組み合わせ分析手法も詳しく解説している。

▼いちばんカンタン!株の超入門書

各所媒体で推薦される人気入門書。入門書とあり全体的にテクニカル分析の解説が多め。比較的だが他の入門書よりも多めにファンダメンタル分析について取り上げている。

【発展】

▼ファンダメンタル投資の教科書

1冊まるまるファンダメンタル分析を解説する数少ない著書。テクニカル分析と並ぶ分析手法である、会社の財務状況から銘柄を選ぶファンダメンタル分析が学べる。内容は簡単で、株初心者のファンダメンタル分析入門書として最適。

▼「1秒!」で財務諸表を読む方法

財務諸表を読み解く1冊。ファンダメンタル分析をする上で必要となる企業分析方法、IR読みの知識がまとめられている。内容は初心者向けで、徹底的に財務諸表を「読む」ことに特化している。それゆえ理系知識必要なく、文系でも理解しやすい。

▼よくわかるROE経営

ROEを軸にした財務分析方法をまとめた本。アベノミクス以降の流行りであるROEブーム、施策についても解説。内容は比較的簡単で、先に紹介した「「1秒!」で財務諸表を読む方法」を読んだ後に読むとさらに分かりやすい。

【応用】

▼株ケイ線・チャートで儲けるしくみ

テクニカル分析を極めたい人にオススメの1冊。基本的なチャート理論からトレンド形成、株式売買のタイミングを徹底的に解説している。文系知識で理解できる内容だが、比較的難易度は高い。

▼日経記者に聞く ロジカル株式投資

ファンダメンタル分析中心に株式投資を総合的に解説している良書。比較的難易度は高め。2016年発売の書籍とあり、ROEを意識した内容も多し。

▼勝てるROE投資術

ROEだけを徹底して解説している1冊。先に紹介した「日経記者に聞く ロジカル株式投資」を読んだ上で、さらにROEの勉強をしたい人にオススメ。

1