1. まとめトップ

高級なコンバース!MADE IN JAPANがあるって知ってる?

定番中の定番!CONVERSE!でもスニーカー通のチョイスはひと味ちがった!

更新日: 2017年09月04日

ホッサンさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 4313 view
お気に入り追加

全然珍しく無いの!?知ってる人も多いらしい、、

同じコンバースでも、さまざまな地域で生産されていることはご存知でしょうか?なかでも日本製「Made in japan」は大変希少価値が高く、世界的にも人気なのです。履き心地も、もの持ちの良さも、従来のモデルとは違う味わいを感じられます。

さまざまなブランドやショップがコンバースオールスターのMade in Japanモデルを取り扱っており、ジャパンモデルが主流になりつつあります。ですが、ジャパンメイドと通常モデルは一体何が違うのでしょうか?その気になる違いに通常モデルと比べてやや高い理由、そしてその価値についても調査致しました!

見た目は良いけど、履き心地が……だった人に朗報! 既存モデルとは一線を画す日本製

ファッション感度が高く、合わせるパンツを選ばない汎用性の高いモデルが揃う『コンバース』のオールスターですが、ソールが薄めで耐久性にやや欠けるという難点がよく挙がります。これをすべて解消するのが、2013年に登場したmade in JAPANモデル。

作っている場所が違うだけ?

日本製コンバースと中国製コンバース(インドネシアのやつも)の大きな違いは、その形にあるのではないでしょうか。

日本製コンバースが比較的シャープなのに対し、中国製コンバースはボテっとしています。

これは良し悪しではなく、あくまで個人の好みによると思います。ボテってしたのが良いと思うか、それともシュッとしている方が格好良いと思うか。ただそれだけです。

しかし、よりコンバースらしさを感じるのは、やはり日本製コンバースでしょう。

というのも、日本製コンバースは、コンバースの元祖であるUSAのものに、比較的形が近いためです。

よって、あなたがコンバースらしさを追求したいのであれば、日本製のものがオススメですね!

値段が、、この違いって、、、汗

日本製のオールスターがこだわっているのは「Made in Japan」ロゴだけではありません。使用されている素材にもこだわりがひかります。

それはアッパーに使用されている素材にあります。通常モデルとは違い、上質なキャンバス素材が使用されています。しっかりと足に馴染む履き心地が特徴的で、何よりも丈夫です。丈夫とは言え、ソフトで柔軟性にも長けていることから、歩行の邪魔をすることもないのです!

そして、これらの素材が持つ特性を最大に発揮させるのが、日本の仕立て技術。特にソールとアッパーの接着には大注目! 使われているのは、ゴムを高温の釜に入れて化学変化させることで圧着させる技術なのですが、コストがかかってしまい、さらに熟練の職人さんの協力が必要なため、世界広しといえどもこの製法を行える工場はほとんどないのだとか。

こうして作られる一足は、もちろん履き心地も最高! 履けば履くほど足になじんでくるのが分かると評判です。

長く続くCONVERSE ALL STAR へのリスペクとで、あえて量産性ではなく再現性をとったのですね!妥協のないプレミアムな仕様は欲しくなっちゃいますね。。

1





ホッサンさん

雑食系の知りたがりなので、いろいろ調べちゃう癖ですΣ(-᷅_-᷄๑)けっか”自分の気になった”が多くなるかも、、良かったら他のまとめも見てやって下さい♪(´ε` )