1. まとめトップ

すぐに疲れる、一日中ダルい人は血液ドロドロの可能性有!血液サラサラ食べ物ランキング!随時更新

身体がだるい、やる気が出ない、体調不良、更年期障害、ホルモン異常。このような症状がある方へ

更新日: 2017年10月04日

kumapanchiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 650 view
お気に入り追加

⬛️ランキング1位 【納豆】納豆キナーゼの凄い効能

ナットウキナーゼはその名の通り、納豆に含まれる成分になります。
主な働きは血栓、中でも主成分となるフィブリンというものに直接作用して分解させます。血栓というのは心疾患や脳疾患などの原因にもなるものです。放っておくと命に関わる可能性があります。
そんな怖い血栓を分解するパワーがあるなんて凄いですね~!あらゆる角度からアプローチをかけるらしく、近年の研究でとても注目されています。

特に夜に納豆を食べると、血栓ができやすい就寝中に効果が出るのでよいと言われています

納豆にはポリアミンというアンチエイジングに効果のある成分が含まれています。
このポリアミンは細胞が生まれ変わる時に必要な成分です。この成分によって肌がより綺麗な状態で生まれ変わることができます。
そして、ポリアミンには新陳代謝を促す効果があり、新陳代謝の衰えによってできるくすみやシワに働きかけ若々しい肌を保つことができます

⬛️同率1位【イワシなどの青魚】オメガ3の凄い効能

DHAとEPAは、ともに魚の脂肪に多く含まれる脂肪酸の一種であり、常温で固まりにくい「不飽和脂肪酸」の一つで、オメガ3脂肪酸に分類されます。
また、DHAやEPAは、「必須脂肪酸」に分類され、体内で作ることが出来ないので、常に食品から補給する必要があります。
そして、DHAやEPAは特に、青魚に多く含まれています。特に「イワシ」「サワラ」「サバ」「マグロ」などの青魚には、100g可食部当たりのEPAとDHAの含有量がずば抜けて多く含まれています。

肉ばかり食べているとオメガ3が不足して血液がドロドロになるそうです(^-^;

年齢とともに減少するとされる脳細胞も、脳細胞の主要成分であるDHAを日常的に摂取することで脳の中のDHAの量が次第に回復するため、その結果として脳の老化を抑えるとされています。
特に、記憶力をつかさどる海馬には、集中してDNAが存在しており、このDNAの量は記憶力と比例するといわれています。
また、神経細胞の末端やシナプス細胞を活性化するDHA効果によって、判断力や理解力を高める効果も期待できます。

⬛️同率1位 【ヨーグルト】乳酸菌の凄い効能

1073R-1という乳酸菌は、ブルガリア菌の中から見つけられたヨーグルト菌で、このR-1乳酸菌がつくりだすEPSという多糖体が、マクロファージを介して、腸内のナチュラルキラー細胞を活性化してインフルエンザウイルスを撃退するようです。インフルエンザの予防効果があるという画期的なものだそうです。
元来、ヨーグルトは、免疫力を高める効果がありますが、特にR-1乳酸菌のヨーグルトは、その力が強力なようです。 実験で多くの子供のインフルエンザ予防に効果があったとNHKで放送されていました。
R-1乳酸菌の入ったヨーグルトは明治乳業から発売されています。赤いパッケージに大きくR-1と書いてあります。とても人気が良くいつも品切れ状態です。

乳酸菌の種類によって効能が違ったりします

ヨーグルトの健康効果を効果的に得るには、一般的には1日当たり100グラム程度を毎日摂取するのが良いようです。少しぐらい多く摂取しても問題ありません。
明治乳業のLG21というヨーグルトはピロリ菌を減少させる効果があるので、空腹時に100グラム程度を継続的に摂ると効果的です。これはピロリ菌が原因で胃の悪い人には薬よりよく効きます。

大分県日田市中ノ島でもともとウナギの養殖用に掘られた深井戸の水であるが、この水で育てたウナギが大きく成長したことから、飲料水としても評判を呼び、ついにはミネラルウォーターとして販売されるに至ったものである

意外に安いのもGOODですよ

1