1. まとめトップ

ソニーサイバーショットDSC-RX0 レビュー・評価まとめ

新たな映像世界へ。表現の無限の可能性とともに

更新日: 2019年03月17日

1 お気に入り 5282 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

公式サイト

ニュース

1インチ/15.3メガピクセルのExmor RS CMOSイメージセンサーと画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。10mの耐水性、耐衝撃性能を備え、動画撮影やスーパースロー撮影が行なえる小型カメラとして利用できる。レンズは24mm F4固定のZEISS Tessar T*で、RAW/JPEG写真撮影にも対応。

レビュー

今回の作例画像はすべてJPEG撮って出しとなりますが、1型センサーだけにコンパクトカメラの画像と比べても画に余裕を感じますね。また、扱いやすい画角のZEISS銘の単焦点レンズはヌケがよく、「この画質がこの大きさに入ってしまうのか」とスペックをわかっていても驚かされます。

RX0は単体で使う限り、軽快な1型センサー搭載24mm単焦点レンズコンパクトデジタルカメラである。キビキビと動作し写りもいい。手のひらにスッポリと収まるサイズと重量はキャンディッドフォトにも向いている。しかしながら他のRXシリーズならより多くの撮影を楽しむことも可能だろう。

約59×40.5×29.8mm・約110gというサイズには馴染みがなく、想像以上に小さく感じた。デジタルカメラのサイズ感というより、いわゆるアクションカム的といえる。しかし、外装の造りの良さ、仕上げのよさには格の違いがあり、要するにカッコいい。

サイバーショット「RX0」(DSC-RX0)の何が凄いかって、こんな小さい物体を持って撮った映像のクオリティはRX100シリーズと同等だということ。

あとはイマジネーションを働かせてどう活かしてやるかは自分次第。

手ブレ補正がない事やしぼり機能がない事、操作性など、気になる点はありますが、圧倒的なサイズ感に機能を凝縮した、実にソニーらしい尖った製品だと感じました。

多視点からの撮影や水中での撮影、自分視点でのスポーツなどの撮影がしたい方にはオススメですが、そうでなければRX100mk3をオススメいたします。

「RX0」は一見すると、いや誰が見てもそう思うはずですがアクションカムのGoProです。しかしソニーはこれをアクションカムではないとしています。

RXの高画質と防水&堅牢性をGoPro的なボディにおさめたRX0は事実、GoProなどアクションカムの大きな要素である強力な手ぶれ補正機能はありません。あくまでも小型で堅牢なコンパクトカメラという位置づけ。

1 2