1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

温かい飲み物が美味しい季節に使いたい『マグカップ』⑤選

毎日気分をかえて楽しみたいマグカップです

更新日: 2017年09月03日

jetwskyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
61 お気に入り 44784 view
お気に入り追加

■『コーヒーアロママグ Sakyu』■

砂丘をイメージしたスターバックスの鳥取限定のマグ

魅力的なプロダクトを生み出す一大プロジェクトが、スターバックス 「JIMOTO made」である。これは日本の各地に残る魅力的な伝統技術を取り入れた商品開発を行い、地元の店舗のみで販売、そしてプロダクトを通じて、その土地の産業や人々のことを知ってもらう機会を作るプロジェクトだ。

鳥取の雄大な自然をイメージしたマグカップ

鳥取砂丘の向こうに広がる海や空を想起させる鮮やかで透明感のある青色が印象的なマグカップです。

■『マークニューソン』■

世界的に有名なデザイナー、マーク・ニューソンがカンタス航空ファーストクラスの内装をデザインした際に、そこで使われる食器も極上の空間に合わせたものを、ということで生まれたのがこのコレクション。

「ノリタケ・マークニューソン・コレクション」は、
コンテンポラリーなデザインと卓越した機能性が特長の美しい食器です

■『HASAMI ブロックマグ』■

400年もの歴史を持つ、長崎県の波佐見町を産地とする「波佐見焼」。
その技術と今の空気を融合させた、新しいブランド「HASAMI(ハサミ)」。

眺めているだけでどことなく懐かしい気持ちにしてくれるマグは、60年代のアメリカのレストランで使われていた大衆食器をテーマにしてつくられています。

こちらのブロックマグは、積み重ねることができるマグカップです。ブロックのように積み重ねれば、かさばることなく収納が可能。ハンドルは手に馴染むように握りやすく設計されており、安定感があります。容量は200mlと小さめのサイズなので、軽く一息つきたい時にピッタリです。

■『ブッダボウル』■

ブッダが持つようなお椀をイメージしたデザイン

包み込みこむように持って、温かさを手でも感じることができるようにデザインされています

毎日の生活の時間に静けさ安らぎをもたらすつかみ心地。
小さな手やカプチーノに最適なマグカップです

1 2





日頃のちょっと気になったこと、目についたオモシロイ事をまとめています。読んでくれた方がほっこり、そして後味がいいと思って貰えればうれしいです。