1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hirosekita07さん

マイナーだけど海の透明度は抜群!

沖縄本島から最も近い海の楽園座間味村 シュノーケリングポイントとしては”沖縄一”

2014年(平成26年)3月5日に慶良間諸島および周辺海域が慶良間諸島国立公園に指定されました
まだマイナーな島ですが、整備が進み今後人気スポットになること間違いなし。訪れるなら今のうち!!

慶良間諸島の中でもビーチ近郊でウミガメに出会える座間味島。特別なツアーに申し込まなくてもウミガメに出会えます。

座間味島ってどこにあるの?

那覇空港近くの泊港から高速フェリーが出ていて、たった50分で座間味島へ行くことが出来ます。
本島の北部へ行くのと変わらない時間で絶景の離島へ。

慶良間諸島と呼ばれる離島群。その中のひとつが座間味島です。フェリーは周遊しているので、他の島にも簡単にアクセスすることが出来ます。

沖縄本島から慶良間(けらま)諸島をはじめとする離島へ渡る海の玄関口「とまりん」

■1日3便
■片道運賃 /往復運賃(平成29年9月現在)
大人 Adult3,140円/5,970円
小児 Child1,570円/2,990円

■とまりん(乗り場)
沖縄県那覇市前島三丁目25番1号
那覇空港からタクシーで15分程度

レンタカーを借りて本島北部へ行くのと変わらないくらい、本当に気軽にリーズナブルに離島へ行けます

魅力は何と言ってもとウミガメとたくさんの熱帯魚☆

阿真ビーチ付近にウミガメが集まるスポットがあります。ウミガメを守るためマナーは必要ですが、かなり近づいて見ることが出来ます。島の方曰く、台風でも来ない限りほとんどの確立で出会えるようです。

目を疑うほどの青さ!青さ!青さ!写真で見るような風景が広がっています。

この島にくれば熱帯魚に囲まれながら泳ぐ憧れの体験が出来ます!サンゴ礁も色とりどりでうっとりする光景です。

イソギンチャクのある所にはあのニモが!いくつもイソギンチャクがあるので何度も遭遇することが出来ます。

サンゴ礁にこんなにも種類があるのかと驚くほど!青や紫など見たこともないようなサンゴ礁に出合えます。

沖縄グルメもしっかり堪能

料理は刺身や揚げ物、何を食べても美味しかったです。またオリオンビールが最高‼︎

モズクそばの専門店
麺にモズクを練り込んだ珍しい一品を味わえます。
温と冷があるので気候に合わせて。

沖縄料理とお酒の種類が豊富なお店。
バーや居酒屋としての利用はもちろん、夜も定食を提供してくれるので家族連れも多いのが特徴。

1 2